日清オイリオHOME > 生活科学研究グループ > 食と生活情報レポート > 働く単身者の間食に関する意識調査

日清オイリオは、食生活を中心とした社会の動きをウォッチしています。

生活科学研究グループ 食と生活情報レポート 発見!ご当地「油」紀行 学会発表情報 生活科学研究グループとは?

食と生活情報レポート

食生活を中心とした社会の動きについて、調査した結果を紹介します。

働く単身者の間食に関する意識調査
職場でも自宅でも選ばれる間食、チョコレートがNO.1
ストレスフルな現代女性は間食でイライラ解消!?

 2017年ごろから、適度に間食することで、極端な空腹を作らず、食べ過ぎを防止しようというアメリカの間食習慣が日本でも注目され始めています。また、総務省統計局「家計調査」によると、単身世帯の菓子類の支出金額が増加傾向にあり、2017年は41,815円となりました。そこで、当研究課では、働く20〜40代の男女を対象に、自宅や職場で食べられる間食に関する意識と実態を調査しました。
(日清オイリオグループ(株)生活科学研究課調べ)
調査結果
調査結果
調査結果

平日に食べる間食
職場で食べる間食は、男女とも「チョコレート」、「クッキー・ビスケット」が上位に挙がっており、次いで男性は「スナック菓子」、女性は「せんべい」が高くなりました。東京と大阪を比べると、男性は東京で「栄養調整食品」、「ドーナツ」が10ポイント、大阪で「クッキー・ビスケット」が6ポイント高くなり、女性は東京で「ナッツ・ドライフルーツ」が15ポイント、大阪で「クッキー・ビスケット」が7ポイント高くなりました。
自宅で食べる間食は、男女とも「チョコレート」、「スナック菓子」、「アイスクリーム」が上位に挙がっていました。東京と大阪を比べると、男性は東京で「チョコレート」、「ケーキ」が9ポイント、大阪で「飲むヨーグルト・スムージー」が11ポイント高くなりました。また、女性は東京で「ヨーグルト」が17ポイント、「飲むヨーグルト・スムージー」が14ポイント高くなりました。

グラフ
グラフ
間食する際に気を付けていること
どの層も「食べ過ぎないようにする」が最も高くなり、男性は「片手で食べられる」、女性は「カロリーをとり過ぎないようにする」、「ボロボロとまわりを汚さない」が上位に挙がっていました。
東京と大阪を比べると、男女とも、東京は「糖質をとり過ぎないようにする」が上位に挙がるのも特徴的でした。

グラフ


日清オイリオ生活科学研究レポート
日清オイリオ生活科学研究レポート No.37

働く単身者の間食に関する意識調査
職場でも自宅でも選ばれる間食、チョコレートがNO.1
ストレスフルな現代女性は間食でイライラ解消!?

詳細は下記のPDFファイルでご覧いただけます。
pdf 働く単身者の間食に関する意識調査(429KB)



Adobe Acrobat Reader ダウンロードページへ(無料)

Adobe Acrobat Reader ダウンロードページへ(無料)
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated
(アドビ システムズ社)の商標です。


食と生活情報レポートTOPへ
日清オイリオHOMEへ UP