日清オイリオHOME > 生活科学研究グループ > 食と生活情報レポート > ’16 ミドル・シニアの食生活

日清オイリオは、食生活を中心とした社会の動きをウォッチしています。

生活科学研究グループ 食と生活情報レポート 発見!ご当地「油」紀行 学会発表情報 生活科学研究グループとは?

食と生活情報レポート

食生活を中心とした社会の動きについて、調査した結果を紹介します。

’16 ミドル・シニアの食生活
60代は肉好きが増加傾向!?
ミドル・シニアが購入する惣菜は揚げ物が圧倒的

 2016年8月1日現在、65歳以上の高齢者人口は3,449万人と推計され、総人口に占める割合は27.2%となっています。当研究グループでは、2011年に食生活全般について、50代・60代を対象にアンケート調査を実施しており、今回の調査では新たに70代を調査対象に加え、50代〜70代の男女を対象に調査を実施し、2011年からの変化、及び年代による意識や実態の違いを分析しました。
(日清オイリオグループ(株)生活科学研究グループ調べ)
調査概要(2016年調査)

調査概要(2011年調査)

調査結果
調査結果

夕食での肉/魚を食べる割合
男女とも年代が高くなる程、「肉」が減り、「魚」が増える傾向となりました。
2011年と比べると、「肉」が男性60代で9ポイント、女性60代で16ポイント増えました。また、男性60代は2011年、2016年とも「肉」と比べて「魚」が高かったものの、女性60代は2011年と比べて、2016年で「肉」の割合が顕著に高くなりました。

グラフ

購入する惣菜の種類
購入する惣菜は、男女ともどの年代も「揚げ物」がトップとなり、70〜80%程度でした。
男性は年代が高くなる程、「ご飯物」が高くなり、一方で「サラダ」が低くなりました。また、女性は年代による変化が見られませんでした。

グラフ



日清オイリオ生活科学研究レポート
日清オイリオ生活科学研究レポート No.34

’16 ミドル・シニアの食生活
60代は肉好きが増加傾向!?
ミドル・シニアが購入する惣菜は揚げ物が圧倒的

詳細は下記のPDFファイルでご覧いただけます。
pdf ’16 ミドル・シニアの食生活(432KB)



Adobe Acrobat Reader ダウンロードページへ(無料)

Adobe Acrobat Reader ダウンロードページへ(無料)
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated
(アドビ システムズ社)の商標です。


食と生活情報レポートTOPへ
日清オイリオHOMEへ UP