日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > 税金の役目を果たした油
雑学
税金の役目を果たした油


税金の役目を果たした油
税金のかわりに油を納める制度があったのをご存知ですか。奈良時代、仏教の伝来と共に大陸からごまと一緒にその搾油技術が伝わり、たくさん灯油がつくられるようになりました。といってもまだまだ貴重品。大化の改新(645年)の頃には、エゴマ油が現物税として朝廷に献上されたことが「賦役令」にものっています。油の現物税には、この他大麻の実からとった麻子油や蔓椒油などがあったとか。


↑油に関するQ&A 一覧 ←私たち油売ってます