日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > エキストラバージンオリーブオイルとオリーブオイル(ピュア)の違いは?
油の製造方法と原材料
エキストラバージンオリーブオイルとオリーブオイル(ピュア)の違いは?
エキストラバージンオリーブオイルとはオリーブの果実を搾ってろ過しただけの、一切化学的処理を行わないバージンオイルで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり0.8gを越えないものを指します。
またイタリアでオリーブオイルと言われるものを日本ではピュアオリーブオイルと呼ぶ傾向がありますが、これは精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルがブレンドされ食べ易い風味に調整したものです。
一般にエキストラバージンオリーブオイルはサラダやマリネ、ドレッシングなど生食に、(ピュア)オリーブオイルは焼きもの、炒め物など加熱料理によいと言われています。
ただし、オリーブオイルの最大の特徴は風味ですので、食材との相性を考えて用途にしばられず調理に使用すると良いでしょう。


↑油に関するQ&A 一覧 →食用油を作るのにどのくらいの原料が必要なの?