日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > サラダ油ってどうやって作られるの?
油の製造方法と原材料
サラダ油ってどうやって作られるの?
荷揚げ
海外から大型船で運ばれてきた原料は、アンローダーで直接サイロへ運び入れます。
貯蔵
巨大サイロで、大切な原料を貯蔵します。
精選
原料はコンピューター制御で、順次製造工程に送られます。
製造工程の最初が、精選です。金属やクキ、サヤなどを取り除きます。
圧搾
連続圧搾機で、圧力をかけて2/3程の油分を採油します。
ただし、大豆は油分が少ないので熱を加えた上で、直接抽出します。
抽出
圧搾された原料は、連続油脂抽出機で残りの油分を抽出し、油と脱脂粕に分けます。
脱ガム・脱酸
ここからが、精製工程です。
圧搾・抽出した油(原油といいます)にはまだ不純物(水分、ガム質、遊離脂肪酸、色素、有臭成分など)が含まれています。
まず、ここで遠心分離機にかけて、ガム質、遊離脂肪酸などを取り除きます。
脱色
活性白土を使い色素を取り除きます。
さらに、ろ過機を通り抜けて色のきれいな油になります。
脱ロウ
ロウ分の多い原料については、油の中のロウ分を固体にして連続ろ過機で取り除きます。
脱臭
高温・高真空状態の脱臭塔で、水蒸気を加えて油に含まれるにおいの成分を完全に取り除きます。 これで、精製工程は終了です。低温でも透明なサラダ油のでき上がり。
充填
厳しい品質検査の後に、プラスチック、ガラス瓶などの容器に充填されます。
鮮度の良い、おいしい油をご家庭にお届けするため、日清オイリオでは独自の製造法<酸化ブロック製法>を贈答用商品に採用しています。
容器のヘッドスペースに高い置換率で窒素を充填することで、ヘッドスペースの酸素濃度を低減させる新しい製法です。開封前はもちろん、開封後も劣化を抑制し、従来よりも作りたての鮮度を長持ちさせ、おいしさもそのままに商品をご提供します。
脱脂粕
サラダ油を作る途中にできた油粕も有効に利用されます。
大豆粕は飼料や醸造用に使われ、菜種粕は肥料や飼料に使われます。

↑油に関するQ&A 一覧 →植物油には、どんな種類があるの?