日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > 油とコレステロールは、どんな関係ですか?
油と健康のおいしい関係
油とコレステロールは、どんな関係ですか?
コレステロールは、からだに必要
生活習慣病の元凶として、悪者扱いされることの多いコレステロール。 しかし実は必須脂肪酸(リノール酸、リノレン酸等)と同じように、からだの細胞膜を構成する脂質のひとつです。植物油には、血液中のコレステロールのレベルをコントロールする働きがあります。
コレステロールは、バランスが大切
細胞の新陳代謝には、リポたん白が重要な働きをしていますが、このリポたん白にはHDL(善玉)とLDL(悪玉)があります。 LDL(悪玉)は、細胞に必要なコレステロールを運びますが、余分なコレステロールを血管内に置き去りにすることがあります。一方HDL(善玉)は、血管内の余分なコレステロールを取り除いて肝臓に運び、動脈硬化を抑える働きがあります。大切なのは、血液中で両者のコレステロールのバランスがうまくとれていることなのです。
生活習慣病
脳卒中や心筋梗塞など、恐ろしい生活習慣病の引き金となる動脈硬化。その原因としては、コレステロールや高血圧、肥満、ストレスなどがありますが、とくに血中コレステロールが必要以上に増えると、これが血管の内側に沈着し、血液の流れを妨げたり、動脈をふさいでしまいます。植物油には、このコレステロールをさげる働きがあります。生活習慣病を防ぐためにも植物油を上手に使ってコレステロールをしっかりコントロールしたいですね。


↑油に関するQ&A 一覧 →トランス脂肪酸ってなんですか?