日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > 油を食べると太るの?
油と健康のおいしい関係
油を食べると太るの?
脂肪は「太るもと」というのは誤解です
肥満は、「消費するエネルギー量」に比べて「摂取するエネルギー量」が多いとおこります。つまり、脂肪に限らず必要以上に食べ過ぎると余分なカロリーが脂肪となってからだの中に蓄積されるわけです。この脂肪の形成は、酵素の働きによって促進されますが、糖質をたくさんとると酵素の働きが活発になり、中性脂肪として蓄積されます。反対に植物油は、この酵素の働きを低下させる作用があるので、肥満の予防・解消にとっても役立ってくれるというわけです。

「腹もち」がいいので食べ過ぎ防止にぴったり
油は消化・吸収に時間がかかるため、胃や腸の中での滞留時間が長くなります。つまり、“腹持ち”が良いと言えるのです。「油を食べると太る」と誤解して、その摂取量を減らすと、絶えず空腹感に悩まされるので、間食が増えたり、つい甘いものに手が出ることになりがちです。植物油を上手に食べて、必要以上のカロリーをとらないように心がけることが、シェイプアップのコツです。

肥満防止作戦
その1
カロリーの摂取/消費バランスに注意。運動不足に気をつけましょう。
その2
間食、欠食、どか食いをせず、3度の食事をきちんと食べる。
その3
動物性脂肪に偏った食事や、糖分、アルコールのとり過ぎを避ける。
その4
食物せんいの多い食品をとる。ゆっくりとよくかんで食べる。
その5
見えない油に注意しましょう。

見えない油に注意しましょう
食品には、油脂分を含んでいるものがたくさんあります。 ここでは、食用油脂類(例:食用油、マーガリン、バター等)を「見える油」、食品に含まれている油脂分を「見えない油」としましょう。 私たちが摂取している油脂類の大部分は「油を食べている」と意識していない「見えない油」が占めているのです。
油の量を調節したい時、私たちはつい「見える油」だけに気を配りがちです。しかし、油を上手にとるためには、「見えない油」の取り過ぎにも注意して、「見える油」とのバランスを考えることが大切です。

脂質の摂取状況
見える油……一般食用油脂類(例:食用油、マーガリン、バター等)
見えない油…食品に含まれている油脂分(例:肉、魚、お菓子等)


↑油に関するQ&A 一覧 →油とビタミン類の深い関係って?