日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > 脂肪酸は、どんな働きをしているの?
油と健康のおいしい関係
脂肪酸は、どんな働きをしているの?
脂肪酸は、飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸に大別されます。
飽和脂肪酸
一般に固形で乳製品や肉などの動物性脂肪に多く含まれています。
主にエネルギー源の役目を果たします。
パルミチン酸、ステアリン酸など
不飽和脂肪酸
常温では液状で、植物油に多く含まれています。 身体の各種細胞膜の大切な構成成分です。 オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などがあります。 人間の体内でつくることが出来ないので、食物からとらなければならないリノール酸やリノレン酸は、必須脂肪酸と呼ばれています。

植物油の種類によって、脂肪酸の組成が違います。

植物油中の脂肪酸比率

不飽和脂肪酸にはこんなものがあります
オレイン酸
悪玉コレステロールだけを下げる効果があります。体内でも作り出すことができ、また、酸化しにくい特質を持っています。



多く含まれる食用油……
べに花油(ハイオレイン)、
キャノーラ油(なたね油)、
オリーブオイル
リノール酸
からだの組織が正常に機能する上で欠かせません。不足すると、成長阻害や皮膚障害が生じたりすることがあります。また、血中コレステロールを下げるといわれています。

多く含まれる食用油……
べに花油(ハイリノール)、
ひまわり油
リノレン酸
血中中性脂肪を下げる作用があると言われています。このα-リノレン酸から、脳細胞の活動を支えるDHA(ドコサヘキサエン酸)などが体内でつくられます。

多く含まれる食用油……
アマニ油、しそ油
トピック  必須脂肪酸は子供の発育に大切です!
新陳代謝の活発な成長期の子どもは特に細胞の機能を正常に保つ必須脂肪酸の摂取が大切。
この必須脂肪酸が不足するとエネルギーの生産能力が低下したり、脳の発育が遅れたり、皮膚や臓器などに様々な障害が現れてきます。
必須脂肪酸をたっぷり含んだ植物油を、お子様の健康管理にお役立てください。


↑油に関するQ&A 一覧 →油の上手なとり方を教えて!