日清オイリオHOME >植物油辞典 >植物油のヘルシー成分 >オレイン酸
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。〜植物油のヘルシー成分〜

植物油の主成分は、カラダになくてはならない脂肪酸

オレイン酸(オメガ9)
悪玉コレステロールを下げる!

 
オレイン酸を多く含む植物油の脂肪酸組成 (%:参考値)

オレイン酸は、植物油の主成分である脂肪酸のひとつです。

●余分なコレステロールを運び出す善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすといわれています。
●酸化しにくい特長があります。
●体内でもつくることができます。

オレイン酸を多く含む植物油


べに花油 (ハイオレイックタイプ) べに花油 (ハイオレイックタイプ) オリーブオイル オリーブオイル なたね油 なたね油 こめ油 こめ油
オレイン酸含有量
74.7〜80.7%

原料
べに花の種子
原料原産国
アメリカ、メキシコ
オレイン酸含有量
59.7〜80.2%

原料
オリーブの果実
原料原産国
イタリア、スペイン、
チリ
オレイン酸含有量
60.0〜64.8%

原料
あぶら菜の種子
原料原産国
カナダ、オーストラリア
オレイン酸含有量
42.0〜43.8%

原料
米ぬか
原料原産国
日本、タイ、ベトナム、
ブラジル


オレイン酸を多く含む植物油の おすすめレシピ

野菜の更紗揚げ
野菜の更紗揚げ
鶏肉の黒酢炒め
鶏肉の黒酢炒め
白身魚のカルパッチョ
白身魚の
カルパッチョ
アジの焼き南蛮
アジの焼き南蛮
パセリとベーコン、 ミニトマトのスパゲッティ
パセリとベーコン、
ミニトマトのスパゲッティ

食用油の種類と選び方

油がちがうだけで、お料理のおいしさのバリエーションが広がります。自分のお気に入りの油を見つけると、料理作りがぐっと楽しくなるはず!
オレイン酸を多く含む植物油で、
あっさり軽い料理に仕上げたい時
なたね油(キャノーラ油)べに花油(ハイオレイックタイプ)は、あっさりとした風味の油で、 熱にも強いので、揚げものはもちろん、ドレッシングや和えものにもよく合います。
味わい豊かな料理に仕上げたい時
オリーブオイルこめ油はいかがでしょうか。
オリーブオイル、特にエキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実がもつ風味が味わえる、
生食(ドレッシング、マリネ、パンにつける等)がおすすめです。
こめ油は、素材の甘みを引き出すので、天ぷらやフライなどの揚げもの、マヨネーズ、ケーキやドーナツなどのお菓子作りにもよく合います。
いろいろなおいしさを楽しみたい時
2種類以上の油をブレンドした油は、それぞれのよいところがいかされて、いろいろなおいしさが楽しめます。例えば、オリーブ&グレープシードオイルは、軽やかな香りのオリーブオイルグレープシードオイルをブレンドした、すっきり、くせのないオイルで、パスタはもちろん和食もおいしく仕上げます。
関連情報
植物油の種類 植物油の
種類
親子で楽しむ“食生活 サポート” 親子で楽しむ
“食生活
サポート”