日清オイリオHOME > 企業・IR・採用 > 安全と安心のために >品質・安全への取り組み

品質・安全への取り組み

品質・安全への取り組み

■お客様の声の収集
お客様相談窓口をはじめ、各事業部や全国の支店・営業所などを通じてご意見・ご要望をいただいています。
また、研究所においても商品開発や改善に活かすため、お客様や取引先からの声を収集しています。

■商品開発
新商品の開発計画など設計業務の管理について定めた開発設計管理規定に則り、商品企画、研究開発、資材調達の各部門が連携して、お客様の声を反映した商品開発を行っています。この段階で、適用される法規制を明らかにするとともに、各種調査結果や試験・検査データをもとに、商品の「法規適合性」、「安全性」、「品質」の評価・確認を行います。

■原材料調達
油糧種子や原料油脂を調達する際は、原料購買管理基準に則り、購買先の評価・選定を行います。また、関連法規に照らし合わせ、分析試験項目や基準値を定めて品質を確認、合格したもののみ受け入れます。新たな原材料は、サンプルの品質評価を行うとともに、原材料メーカーから原材料規格書を入手し、使用にあたっての安全性を確認しています。
また、商品の容器包装、ラベル、段ボールなど、容器包装資材の調達は生産・物流統括部が行っています。生産・物流統括部は調達の方針をふまえて資材調達先を選定し、資材の価格や規格、設計・開発に関して取引先と緊密な連携を保っています。

■製造
当社は、国内すべての工場でISO9001の認証を取得しています。異物混入防止のための製造ライン設計や、工場内で働く人に対する食品衛生マナーの教育など、食品の安全・安心を確保するための活動を地道に続けています。また、原料受け入れから包装の各工程で作業内容を記録・管理しています。各工程で品質検査を行い、定められた規格・基準を満たしていることをチェックしています。

■物流・販売
取引先(販売先)への安全・確実な納品および保管、出荷、輸配送までのすべての物流現場での安全を目指し、物流品質管理基準を定めています。物流トラブルの発生を想定して、迅速な連絡、事後対応、対策を早急に講じる体制を構築しています。

 
トレーサビリティ(追跡可能性)の確立

 当社では、お客様に安全で安心できる商品をお届けするため、原材料取引先(調達先)から原材料規格書を入手し、安全性および関連法規への対応状況を確認しています。また、原材料から生産、販売までの情報を確認できる仕組みにより、商品名と賞味期限などの情報から、いつ受け入れた原材料か、製造時のさまざまな履歴を追跡し確認すること(トレーサビリティ)ができます。
 トレーサビリティを確立することにより、商品に関するお客様からのお問い合わせに迅速に対応でき、また、万が一問題が発生しても対象の範囲を速やかに特定し、影響の拡大を最小限に抑えることができます。

 
トレーサビリティの流れ