日清オイリオHOME > 研究開発 > 研究員インタビュー

R&Dレポート

▼研究員1▼研究員2▼研究員3▼研究員4その他のメッセージはこちら
 
片岡 裕太郎
所属:中央研究所 2012年入社
仕事内容は?
当社独自の加工技術を用いて付加価値の高い原料油脂の開発に取り組んでいます。例えば、酵素を用いて油脂の構造を変化させる独自のエステル交換技術によって、ヒマワリ油のような汎用的な液状の油を、チョコレートに使用するココアバターのような口どけの良い固形の油脂にすることができます。
これまでの研究開発によって確立されたこれらの技術を礎に、次なる独自技術を開発し、油脂を食品だけでなく多様な産業資材として展開したいと考えます。


仕事を通じてやりがいを感じたことは?
片岡さん実験画像 中国(大連)に出張し、現地で健康オイルの実機製造に向けて取り組んだことが非常に刺激的でした。
当社のヘルシーリセッタと同等の健康オイルを中国市場でも展開するために、国内の製造技術を現地に導入するための支援を行いました。実験室で検討したプロセスをもとに、何万倍ものスケールで実機を動かした際は、大きな緊張感と同時に、ものづくりに携わる喜びを感じました。
また、日本人スタッフだけでなく、言葉や文化の違う現地スタッフと連携しての業務も多く、自身の見識を広げる大変貴重な経験となりました。
趣味や休日の過ごし方は?
スポーツセンターに行って体力づくりに勤しんでいます。大学時代は部活動で鍛えて体力には自信があったのですが、入社後は運動への意識が低下していました。
しかし、業務においても体力勝負な部分を感じるようになり、トレーニングを再開しました。休日も平日と同じ時間に起床し、午前中はスポーツセンターに行き、水泳、ランニングでしっかり体をいじめます。昼食を食べて帰宅後、午後はのんびり読書など。そんな休日が定着しつつあります。今後もこのスタイルを継続してトライアスロンに挑戦しようと目論んでいます。
 ページTOPへ
 
田木 正樹
所属:中央研究所 2011年入社
仕事内容は?
食用油脂、具体的にはオリーブオイルやごま油、ココナッツオイル等の商品開発を行っています。一口にオリーブオイルといっても、その味には様々なものがあります。
作られた場所や時期、オリーブの品種によって香りや味に違いが生まれます。使っていただく方に、いつ食べても日清オイリオグループの油はおいしいねと言っていただけるように、風味の設計と品質管理に取り組んでいます。

仕事を通じてやりがいを感じたことは?
田木さん実験 やはり自分が開発に携わった商品が店頭に並び、お客様がその商品を手に取って下さるのを見るのが一番のやりがいになります。試行錯誤を重ね、苦労して開発した商品であればあるほど、喜びも大きくなります。また、最近では油脂の機能性についてテレビ等で取り上げられることが多く、友人や親戚から油についての質問を受ける事が増えてきました。自分が行っている仕事が社会に与える影響を実感し、やりがいと共に、その責任の大きさを感じています。
趣味や休日の過ごし方は?
産まれたばかりの子供がいるため、イクメンを目指して育児に取り組んでいます。まだ首もすわっていないのですが、泣き声だけは大人顔負けで、まるで世界の終わりを迎えたかのような声で泣きます。音楽を聞かせてみたり、タオルで体を包んでみたりと、泣き止んでもらえる方法を日々模索しています。
また、学生のころは友人と自転車で旅行に行くのが好きだったので、いつか子供と一緒に行けるといいなと思っています。

 ページTOPへ
 
萩原 優
所属:ファインケミカル事業部 テクニカルセンター 2014年入社
仕事内容は?
ファインケミカル事業部では、食品原料としての油の他に化粧品や化学品の原料となるような非食用油脂も扱っています。私は、それら多種多様な製品の分析業務をはじめ、製品の新規機能性を見出すための開発検討を行っています。分析業務は、食用油脂で一般的に行う滴定や機器分析に加えて、たとえば化粧品用途であればゲル化させた時の粘度や肌への親和性評価など、目的に合わせて取り組む分析もあります。
現在は、主に化粧品原料と中鎖脂肪酸油(MCT)に関して、においや色などの品質に関わる基礎研究と新規用途開発に力を入れて取り組んでいます。

仕事を通じてやりがいを感じたことは?
萩原さん実験 「油脂の分析」と一口に言っても、製品の組成や物性などを評価するために多くの項目があります。一通りの分析ができるよう現在も習得中ですが、多角的な分析評価によって自社製品の有用な特長を見出し営業活動に貢献できた時や、製造時にトラブルが起きた際の原因を分析によって解明できた時は面白さを感じます。現在の所属グループでは、特に食品・非食品問わず多くの製品に関わる機会があるので、今後は深めた製品知識を発展させて新規の製品開発につなげたいと考えています。
趣味や休日の過ごし方は?
学生時代はずっと運動系の部活に入っており体を動かすことが好きだったので、社会人になってからは週一でヨガ教室にも通いはじめました。最近は体の動かし方も覚えてきたので、リフレッシュしたい時には自宅でもヨガのポーズをとったりしています。
また、ジャンルを問わず映画を観ることも好きなので、友人と映画館に出かけたり、自宅で録りためたものを家族と一緒に1日4、5本観たりと映画漬けになる日もあります。

 ページTOPへ
 
眞鍋 珠美
所属:Nisshin Global Research Center SDN.BHD.(NGRC) 2006年入社
仕事内容は?
NGRCは日清オイリオグループのパームに関わるR&Dのスピードアップを目的として設立されました。
パーム油には晶析工程(油を冷却または加熱することにより選択的に分離する工程)により、液状から固形まで様々な物性の油脂を造ることができるという特長があります。私はこの晶析工程の結晶学的解明に取り組んでおり、具体的にはグループ会社のIntercontinental Specialty Fats Sdn. Bhd.(ISF)工場での製造条件の確認、解析、サンプリング、油の分析評価を行い、晶析条件と油脂物性の相関を見ています。最終的には製造の効率化に貢献できればと思っています。

仕事を通じてやりがいを感じたことは?
真鍋さん実験 NGRCはISFに隣接しており営業部門・製造部門との距離が近く、一体となって業務に取り組んでいます。
ISFには海外のお客様が多く、それぞれの国・地域での食品・添加物規制、商慣習は異なります。また、お客様が油脂を使われる設備や、最終製品に付与したい機能・物性も日本以上に様々なので、それぞれに合った対応が必要となります。自分にとっての「普通・当然」は通用しません。異なるバックグラウンドの人と仕事をすることは手探りの連続ですが、まずは相手を理解する事の重要性を強く感じます。
趣味や休日の過ごし方は?
元イギリス領だったマレーシアでは、多くのホテルでアフタヌーンティーが楽しめます。最近は月に1回程度、順番に巡ってランキングをつけています。休日にゆったりとした時間を過ごすのは良いリフレッシュになります。
また、多民族国家であるマレーシアでは、マレー(モスリム)・中華・インドなどの文化を体験することができます。現地スタッフと一緒に参加することで、ガイドブックとは異なる実情も分かりますし、日本の事を話すことで相互理解が深まると思います。

 ページTOPへ