日清オイリオHOME > 研究開発 > 研究体制

研究体制

 
新しい発想でチャレンジを続ける研究開発

日清オイリオグループは、植物資源のもつ可能性を最高の技術によって引き出し、「おいしさ・健康・美」の追求を通して、人々の食生活を支え社会に貢献しています。
“独創的で高い技術力こそが事業を支える原点”と位置づけ、国内外での研究開発に力を注いでいます。

横浜磯子事業場内に設置された「技術開発センター」では、「中央研究所」「ユーザーサポートセンター」が各事業領域、知的財産部門や生産事業部門と連携し、研究開発を推進しています。
また、海外においても、マレーシアに研究開発の拠点を置き、グローバルな技術開発に取り組んでいます。

中央研究所
技術開発センター
 
●「中央研究所」 ●「ユーザーサポートセンター」
     
独自のコア技術や、「植物のチカラ」を具現化する創造の拠点として、研究開発を推進しています。

ユーザーのニーズに応える技術面からの提案営業、アプリケーション開発を推進し、事業の拡大に貢献しています。

●「中央研究所」 ●「食用油技術部」