日清オイリオHOME > 研究開発 > 技術を活かした商品 - 化粧品原料コスモール 222

技術を活かした商品

 
ヘルシーリセッタ エステル交換技術   ヘルシーリセッタ 体脂肪測   日清キャノーラ油   化粧品原料コスモール 222  
 
化粧品原料コスモール 222
 
化粧品原料にも活かされる技術
口紅やファンデーションなどのメークアップ化粧品に、日清オイリオの商品が使われていることをご存知でしたか?メークアップ化粧品には、発色やツヤのよさ、水に強いことなどが求められ、それらを実現するためには化粧品用油剤が欠かせません。日清オイリオは、独自の技術で様々な機能を持つ油剤を開発し、数多く提供しています。例えば、コスモール 222は、極性の高い脂肪酸エステルで、口紅の発色やツヤが良くなるなどの特徴があり、長年化粧品業界で使用されている化粧品用油剤です。
 
コスモール 222とは
化粧品成分表示名称および医薬部外品成分表示名称:リンゴ酸ジイソステアリル
INCI name:DIISOSTEARYL MALATE
デジタルカタログを見る
 
 
コスモール 222の優れた機能
コスモール 222は、昔から化粧品用に使用されてきたヒマシ油と比べて、酸化安定性が高い、耐水性や顔料分散性がよいといった、優れた特徴を持っています。さらに、ヒマシ油を使用したときの課題であったシリコーン油などとの相溶性が悪い点を改善し、きれいに溶かし込むことができる(相溶性が高い)ことも特徴です。シリコーン油は、さらさらとした感触や撥水性の高さから、広く使用されている素材ですが、コスモール 222を使用することでシリコーン油などを組み合わせて使用でき、処方の幅が広がります。このようなことから、現在ではコスモール 222は世界中で多くの口紅やリップグロス、スキンケア製品などに使われています。食品以外の身近な商品にも、日清オイリオの技術が活かされているのです。
 
酸化安定性※強制的に劣化させた時のPOV(過酸化物価)の変化。時間がたっても数値が小さいほうが酸化安定性がよい。
グラフ:酸化安定性
耐水性※人工皮膚上に、2種類の油膜をぬり、流水をかけたあと状態を観察。流水で流れ落ちずにそのままの状態を保っているほうが、耐水性に優れている。
油膜に流水をかけ、状態を観察。
撥水性※2種類のファンデーションの上に水滴をのせ、面を傾けて水滴の転がり具合を観察。水が転がるほうが撥水性が高い。
傾ける コスモール222&シリコーン油 ヒマシ油を配合した
※2種類のファンデーションの上に水滴をのせ、面を傾けて水滴の転がり具合を観察。水が転がるほうが撥水性が高い。
 
ファインケミカルサイトへ
 
日清キャノーラ油