日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2017年


日清オイリオ生活科学研究レポート No.34
◆ ’16 ミドル・シニアの食生活 ◆
60代は肉好きが増加傾向!?
ミドル・シニアが購入する惣菜は揚げ物が圧倒的
 
 
2017/03/22

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。
 2016年8月1日現在、65歳以上の高齢者人口は3,449万人と推計され、総人口に占める割合は27.2%となっています。当研究グループでは、2011年に食生活全般について、50代・60代を対象にアンケート調査を実施しており、今回の調査では新たに70代を調査対象に加え、50代〜70代の男女を対象に調査を実施し、2011年からの変化、及び年代による意識や実態の違いを分析しました。

ミドル・シニアは50%以上が朝食にパン!

 朝食でよく食べる主食は、どの年代も「パン」が最も高く、半数を超えました。また、夕食では女性70代を除き、「この中にはない/主食はとらない」が10%前後おり、主食をとらない人が一定数いるものと推測されます。

女性60代の“肉”を食べる割合が16ポイント増

 男女とも年代が高くなる程、「肉」が減り、「魚」が増える傾向となりました。2011年と比べると、「肉」が男性60代で9ポイント、女性60代で16ポイント増えました。また、男性60代は2011年、2016年とも「肉」と比べて「魚」が高かったものの、女性60代は2011年と比べて、2016年で「肉」の割合が顕著に高くなりました。

ミドル・シニアが購入する惣菜は揚げ物が圧倒的!

 購入する惣菜は、男女ともどの年代も「揚げ物」がトップとなり、70〜80%程度でした。男性は年代が高くなる程、「ご飯物」が高くなり、一方で「サラダ」が低くなりました。また、女性は年代による変化が見られませんでした。

女性は“楽しみながら/短い時間で調理”をすることに満足していない

 男性は60代で意識に比べて実態が上回っている項目が多く、食生活に満足していることが推測されます。女性はどの年代も「調理」に関する項目で意識と実態のギャップが見られました。また、女性50代は「塩分・糖分・脂肪分などをなるべく控えたい」(14ポイント)といった「健康」に関する項目、女性60代は「安い食材を工夫して料理を作りたい」(14ポイント)、女性70代は「無駄な食材は買わないようにしたい」(17ポイント)といった「節約」に関する項目でギャップが見られました。


調査概要
 調査実施   : 2016年7月1〜3日
 調査方法   : インターネット
 調査地域   : 全国
 調査対象   : 50〜70代の男女
 サンプル数  : 各性・年代150サンプルの
            計900サンプル

 過去調査概要
  調査実施   : 2011年1月14〜16日
  調査方法   : インターネット
  調査地域   : 全国
  調査対象   : 50〜60代の男女
  サンプル数  : 各性・年代150サンプルの
             計600サンプル

◆ 調査結果詳細は、pdfファイルをご覧ください。
pdficon.gif日清オイリオ生活科学研究レポートbR4

【レポートに関するお問合せ先】
日清オイリオグループ株式会社 中央研究所 生活科学研究グループ
TEL:045-757-5461  〒235-8558 神奈川県横浜市磯子区新森町1番

【リリースに関するお問合せ先】
コーポレートコミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL:03−3206−5109 〒104-8285 東京都中央区新川一丁目23番1号

UP