日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2017年


超人シェフと超人アスリートによる学校給食への取り組み
「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」を実施
〜 成長過程の子ども達に、食と運動の大切さを啓発 〜
 
 
2017/01/27

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、2017年1月24日(火)、東京都足立区立足立入谷小学校にて、一般社団法人 超人シェフ倶楽部(代表理事・中嶋貞治)と共同で、成長過程の子どもたちに食の大切さと運動することの大切さを併せて啓発することを目的に、「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」と題した取り組みを実施しました。
 現在、子どもたちの生活習慣の変化について様々な問題が取り沙汰され、特に偏食や運動不足などが問題として扱われるケースが増えています。そこで、食の問題には超人シェフが給食規定の範囲内で給食メニューを作成、給食調理員とともに調理し、児童と一緒に食べるなどの交流活動を行うことで、そして、運動の問題にはアスリートが、スポーツ体験を通して児童と一緒にふれあうなどの交流活動を行うことで、成長過程の子ども達に、食と運動の大切さを啓発してまいります。
 なお、この取り組みは今回初めて実施しましたが、今後も各地での実施を予定しております。

1.実施概要   
・ 名称 「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」
・ 実施日 2017年1月24日(火)
・ 実施場所 足立区立足立入谷小学校(足立区入谷3-8-1)
・ 参加シェフ 「スーツァンレストラン陳」 菰田 欣也 シェフ
・ 参加アスリート ウェイトリフティング     三宅 宏実 選手

<当日の様子>


壇上で全校児童へ紹介される菰田シェフと三宅選手


菰田シェフを囲んで楽しく食事

三宅選手が指導したウェイトリフティング体験

<当日の内容>
・ 菰田シェフは、朝礼で約180人の全校児童へ挨拶した後、同校の給食調理室で給食調理員とともに、
 「スーパー給食」を調理しました。
・ お昼に、菰田シェフ、三宅選手と全校児童が体育館に集まり、テーブルを囲んで「スーパー給食」
 を食べ、交流を深めました。
・ 昼食後は、菰田シェフ、三宅選手によるトークタイムを設け、児童へ、“食”と“運動”の大切さ
 を伝えるとともに、三宅選手による競技体験コーナーでは、ウェイトリフティングの
 デモンストレーションやフォームの指導などを行いました。

2.取り組みの目的
・ 児童に、一流の料理人が作る給食を食べてもらうことにより、食べ物のおいしさ、食事の楽しさを
 伝えます。 また、児童の食事への関心を高め、好き嫌いをなくすきっかけを作ります。
・ 地元産の食材などを使用することにより、これらへの知識や興味を持ってもらう場にします。
・ 児童に、一流のアスリートとのスポーツ体験を通して、運動することの大切さ、運動の楽しさを
 伝えます。
・ 一流の料理人や一流のアスリートとの交流の場を設け、“食”と“運動”の大切さを学んで
 もらう場にします。
・ 当日の給食レシピを配布し、家庭でも親子が交流するきっかけを作ります。
・ 児童に喜ばれると同時に、栄養士と給食調理員の理解促進の場にもなり、蓄積されるレシピで
 “給食の質の向上”に資することを目指します。

3.参加シェフ、アスリートの紹介
○参加シェフ: 菰田 欣也  「スーツァンレストラン陳」
中華の鉄人・陳 建一氏の弟子。
四川飯店グループ取締役総料理長。
社団法人日本中国料理教会 全国青年部部長。
2004年、第五回中国料理世界大会(中国・広州)で、日本人初となる熱菜部門 個人金賞を受賞。

現在、レストランの総料理長を務める中、専門学校や料理教室の講師、テレビの料理番組やイベントなどにも数多く出演し、幅広く活躍している。
○参加アスリート: 三宅 宏実  ウェイトリフティング オリンピックメダリスト
女子48kg級・53kg級 日本記録保持者。
ロンドンオリンピック48kg級 銀メダリスト。
リオデジャネイロオリンピック48kg級 銅メダリスト。
いちごグループホールディングス所属。

ロンドン五輪では日本五輪史上初となる父娘メダル獲得、昨年のリオオリンピックではケガを伴いながらも銅メダルを獲得するなど女子ウェイトリフティングをけん引する活躍を見せている。

リリースに関するお問合せ先
コーポレートコミュニケーション部 広報・IRグループ
03−3206−5109

UP