日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2015年


日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査
〜学校・保育所で給食づくりに従事している栄養士へのアンケート結果〜
約6割が誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)を経験
給食における代替食品の利用は広く浸透。食物アレルギーの原因食材を使わない献立づくりの工夫も進む
 
 
2015/02/04

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、2012年度より食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、学校・保育所等の給食に従事し、食物アレルギー対応を行っている栄養士・管理栄養士103名を対象に調査を行いました。

≪調査結果のポイント≫
■約5割が食物アレルギーに対応した給食を提供
食物アレルギーを持つ方に対して、約5割が食物アレルギーに対応した除去食※1や、除去により不足する栄養素を別の食品で補う代替食を提供していることが分かりました。【図1】

■約6割が誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)を経験
誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)の発生は約6割があると回答しました。発生箇所は多岐にわたり、調理する側、食べる側双方に注意が必要であることが伺えます。【図2】【図3】

■給食における食物アレルギー対応はハード面の充実が課題か
献立表や食札※2の工夫、複数人による多重チェックなどソフト面での対応は進められているものの、専用の調理器具や食器、調理スペースの確保などハード面の対応が遅れていることが伺える結果となりました。【図4】

■アレルギー対応食品などの代替食品利用は約7割 よく使われているのは卵の代替食品
約7割が給食で代替食品を使用していると回答しました。また、使用している代替食品について聞いたところ、卵を使っていない食品が上位を占めました。【図5】【図6】

■食物アレルギーの原因となる食材を使用しない献立づくりへの取り組み進む
食物アレルギーの原因となる食材をなるべく使わず、全員共通のメニューを食べられるような取り組みについて「既に取り組んでいる」・「今後取り組む予定である」と回答した人は6割以上になりました。【図7】

※1:食物アレルギーの原因となる食材を除いた食事
※2:食事に名前と献立やアレルギー対応情報が記載されているもの

≪調査概要≫
調査実施日:2014年12月26日〜2015年1月4日
調査方法:インターネット調査
調査対象者:保育所・認可外保育施設・小学校・特別支援学校の給食に従事する栄養士、管理栄養士103名

≪お話を伺った先生≫
堀端 薫(ほりばた かおり)先生
女子栄養大学 給食システム研究室 准教授

≪総括≫
 調査の結果、約6割の栄養士が誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)の発生を経験していることが明らかになりました。発生箇所は多岐にわたっており、さまざまな面で注意を払う必要があることが伺えます。
 食物アレルギーに対応した食事づくりに活用できる代替食品の給食における利用は約7割と広く浸透していることが分かりました。食物アレルギーの原因となる食材をなるべく使わず、全員が同じメニューを食べられるような取り組みが進んでいることも伺える結果となりました。

≪専門家のコメント≫
堀端 薫(ほりばた かおり)
女子栄養大学
給食システム研究室 准教授


昭和63年 女子栄養大学栄養学部卒業後、東京都学校栄養職員として入都。その後、母校に戻り、実験実習助手、助手、専任講師を経て、平成25年4月から准教授となり現在に至る。
給食における衛生管理、品質管理をテーマとした研究に携わるほか、地方自治体において給食アドバイザーや給食検討委員も務める。




 食物アレルギー疾患の子ども達の増加により、近年、学校・保育所等の給食における食物アレルギー対応が重要となってきていることを実感しています。
 調査結果から、アレルギー対応食品などの代替食品を活用している実態が浮かび上がってきました。これらの食品の利用は誤食の発生を未然に防ぐだけでなく、調理上の作業負担を軽減する手段としても有効だと思います。しかし、給食費との関係でコスト面から使用することが難しい場合もあると考えられます。
 食物アレルギーの原因食材をなるべく使わないメニューづくりも含め、今後はますます安心・安全な給食の実現に向けた取り組みを進めていくことが必要となるでしょう。

詳細はPDFでご覧いただけます。
pdficon.gif日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査(238kb)

〈リリースに関するお問合せ〉
日清オイリオグループ 食物アレルギー調査事務局
(トータル・コミュニケーションズ株式会社内 担当:佐藤、寺田)
TEL:03-3291-0099 〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 ウエタケビル4階

UP