日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2014年


早摘みのオリーブ果実を贅沢に使用した、この時期だけの“オリーブオイルヌーボー”
『ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル』
〜今年も9月9日(火)より期間限定で予約開始〜
 
 
2014/09/09

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、2003年以来、期間限定で通信販売をしている“オリーブオイルヌーボー”「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」の予約受付を、本日、9月9日(火)より開始いたします。
 「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は、シーズン初めの10月下旬から約1ヶ月の間に収穫した「早摘み」のオリーブ果実だけを贅沢に使った、イタリア・トスカーナ産のオリーブオイルのヌーボーです。
 家庭内でのオリーブオイルの使用量が増え続けるなか(参考資料1、2)、今年で発売12年目を迎える「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」の注文数も年々増加しており、昨年は前年比121%の注文本数(参考資料3)を達成するなど、大変ご好評をいただいております。

商品特長

○イタリア・トスカーナ州でこの秋に収穫される早摘みのオリーブ果実だけを贅沢に使った、搾りたての“オリーブオイルヌーボー”です。
○青々としたオリーブ果実を思わせるみずみずしい香りで、適度にピリッとした辛味のある上質な風味です。
○搾りたてそのままの香りと風味をお届けする“ノンフィルター製法”で仕上げてあります。
○イタリアで瓶詰めした後、“空輸で入荷”することで、その年に収穫されたオリーブ果実の搾りたてのフレッシュな味わいをお届けします。
○希少性の高いイタリア・トスカーナ産、しかも有機JAS認定のオーガニックオリーブオイルです。
○クリスマスシーズンのギフトやホームパーティーにもおすすめです。

予約受付 基本情報

商品特長の詳細

◆この秋に収穫される早摘みのオリーブ果実だけを贅沢に使用、搾りたての“オリーブオイルヌーボー”
 イタリア・トスカーナ州では7月下旬頃からオリーブの実がふっくらし始め、10月以降に収穫の時期を迎えます。一般的なオリーブオイルは、12月から1月にかけて収穫される完熟オリーブ果実で作られますが、オリーブが持つフレッシュで力強い味わいと香りを楽しむには、熟しきっていない実が適していると言われています。“オリーブオイルヌーボー”である「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は、「早摘み」といわれるシーズン初めの10月下旬から約1ヶ月の間に収穫したオリーブ果実だけを贅沢に使って作られます。
 青々としたオリーブ果実を思わせるみずみずしい香りで、適度にピリッとした辛味のある上質な風味が特長です。

◆搾りたてそのままの香りと風味、ノンフィルター製法
 オリーブオイルは通常、フィルターを通してろ過処理を行いますが、その時に香りや風味成分も損なわれてしまいます。 「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は、通常行われるフィルターによるろ過処理をあえて行わず、静置により上澄み部分だけを取り分ける「ノンフィルター製法」で仕上げることで、搾りたてそのままの香りと風味を残しています。

◆イタリアより空輸で入荷、フレッシュな味わいをお届け
 その年に収穫されたオリーブ果実で作られる旬の味わいをいち早くお楽しみいただくために、期間限定でご予約をいただき通信販売をしています。ご予約いただいた本数分をイタリアで瓶詰めした後、空輸で入荷することで、フレッシュな搾りたての味わいをお届けいたします。

◆希少性の高いイタリア・トスカーナ産、しかも有機JAS認定のオーガニックオリーブオイル
 イタリア・トスカーナ州は丘陵や山のある地域が多く、オリーブの栽培に適していますが、その生産量はイタリア全体の1割にも満たないとされ、イタリアでも希少性の高いオリーブオイルの産地とされています。また、トスカーナ州は標高の高い丘陵地(200〜500m)であるため、害虫の発生が少なくオーガニック栽培にも適しています。「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は、有機JAS認定を受けた、さらに希少価値の高いオーガニックオイルです。

◆クリスマス前にお届け!クリスマスシーズンのギフトやホームパーティーにもおすすめ
 搾りたての「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は、焼きたてのパンにつけるなど、「生」でそのまま召し上がると、フレッシュな風味を一層お楽しみいただけます。また、グリーンサラダ、白身魚のカルパッチョや、ローストチキンなど、素材の味を活かした料理にもよく合うので、クリスマスシーズンのホームパーティーや親しい方へのギフトとしてもご好評をいただいています。

参考資料1
10年前と比べて、普段の夕食で使う頻度が増えた調味料の第1位はオリーブオイル

10年前と比べて普段の夕食で使う頻度が増えた調味料を聞いたところ、第1位はオリーブオイルで、半数以上の人が増えたと回答しました。

※日清オイリオ 生活科学情報ショートレポート25(2013年11月8日発行)より
「10年前と比べて、普段の夕食で次の調味料を使う頻度はどうなりましたか?」
という質問に対し、「増えた」、「やや増えた」と回答した人の合計

参考資料2
オリーブオイルの家庭内消費量は過去4年間で約1.6倍の伸び

日本国内におけるオリーブオイルの家庭内消費量は年々堅調な伸び率を示し、過去4年間で13,400トン以上、約1.6倍も消費量が増大しています。オリーブオイルの日本の食卓への定着が進んでいることが伺えます。

<オリーブオイルの家庭内消費量推移>

※当社調べ

参考資料3
「ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル」は発売から11年で注文本数が約94倍に増加

2003年の発売開始以降、注文本数は年々増加しており、発売11年目となった昨年の発売本数は前年比約121%を達成、発売当初比約94倍に増加いたしました。毎年ご購入されるお客様も多く、商品への高い評価が伺えます。

<ご注文本数の推移(2003年基準)>

※当社実績を元に算出

<ピエトラ・コロンビナ・エキストラバージンオリーブオイル>
http://gurume-gurume.com

<リリースに関するお問合せ>
日清オイリオグループ ピエトラ・コロンビナPR事務局
(トータル・コミュニケーションズ鞄焉@担当:佐藤・寺田)
TEL:03-3291-0099 FAX:03-3291-0223

UP