日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2014年


中鎖脂肪酸の働きで、すばやくエネルギー補給ができる高齢者向け食品
「日清(MCTエムシーティー)オイル180g」、「日清(MCTエムシーティー)パウダー800g」追加発売
 
 
2014/05/23

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、高齢者向けの食品や介護対応食品の開発・販売を強化しております。
 当社は1970年から中鎖脂肪酸油を販売しており、1990年には栄養管理が必要な方向けに、たんぱく質を含まないエネルギー補給食品として、「日清MCTオイル」の前身となる100%中鎖脂肪酸油「O.D.O」を、また2001年には粉末タイプの「MCTパウダーノンプロテイン」を発売いたしました。その後、2010年に「日清MCTオイル」、「日清MCTパウダー」に名称変更し、高齢者などエネルギー補給が必要な方にご好評をいただいております。
 このたび、お客様のご要望にお応えし、「日清MCTオイル180g」、「日清MCTパウダー800g」を追加発売いたします。

●開発の背景
 「日清MCTオイル」、「日清MCTパウダー」は、食が細くなった方や傷病等により栄養管理が必要になった方に対して手軽にエネルギーを補給できることから、病院・施設を中心に利用されています。
 「日清MCTオイル」は、既存の450gに加え、今後使用ニーズが高まる在宅介護の現場でも使いやすくお求めやすい小容量タイプが望まれていました。
 一方、「日清MCTパウダー」は、既存の13g×30包や250gに加え、お得な大容量タイプが望まれていました。
 高齢者食品市場は、2014年には1,500億円(2014年版 株式会社シードプランニング調べ)に達するとも言われており、今後もますます成長が期待されます。MCT(※)は、昨今、食が細くなった方や傷病等による栄養管理を含め、様々な用途への展開が話題となっていることもあり、お客様のご要望にお応えできるようラインアップを強化いたしました。
(※)MCTとは、Medium Chain Triglyceride の略で、含まれる脂肪酸が中鎖脂肪酸だけの油(中鎖脂肪酸油)のことを指します。中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツに含まれている天然の植物成分です。

●商品特長
「日清MCTオイル180g」
1)液状なので、料理や食材にまぜたり、かけたりするだけで手軽にエネルギーアップができます。
2)酸化しにくいため、賞味期限は一般の食用油よりも長い3年です。
3)無色透明でにおいが少ないので、素材の風味を損ないません。
4)一般の食用油よりも分解・吸収が速いので、すばやくエネルギー補給できます。
5)MCT(中鎖脂肪酸油)100%のオイルなので、たんぱく質を含んでいません。
6)初めての方でも使い方がイメージできるよう、使用例を正面に表示しました。

「日清MCTパウダー800g」
1)油脂成分としてMCT(中鎖脂肪酸油)を100%使用した粉末油脂です。
2)温かいものにも冷たいものにも溶けるので、料理や飲み物にまぜるだけで簡単にエネルギーアップができます。
3)たんぱく質を含んでいません。
4)初めての方でも使い方がイメージできるよう、使用例を正面に表示しました。

【参考資料】
○ 中鎖脂肪酸とは
 中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツに含まれている天然の植物成分で、母乳や牛乳にも含まれています。
 一般の植物油に含まれているオレイン酸やリノール酸などと同じ脂肪酸の仲間です。

○ 特長・用途例
 中鎖脂肪酸は、一般の植物油に含まれている脂肪酸と比べ、食べた後、すばやく分解されて、エネルギーになりやすく、体脂肪として蓄積しにくいことが知られています。
 この特長を活かして、中鎖脂肪酸は様々な分野で利用されています。

  【医療用途】
 手術後や未熟児のエネルギー補給に

  【高齢・介護食品】
 食の細くなった高齢者などのエネルギー補給に

  【特定保健用食品】
 体脂肪が気になる方、肥満気味の方のための健康オイル

○ 最近のトピックス
 中鎖脂肪酸の多岐にわたる有用性についての研究が進められており、新たな可能性が示唆されています。
 2013年12月、中鎖脂肪酸の新たな可能性の研究・実践に取り組まれている先生方を一堂に会し、「中鎖脂肪酸(MCT)シンポジウム 〜中鎖脂肪酸と脳機能〜(主催:MCT研究会、後援:日清オイリオグループ株式会社)」が都内ホテルで開催されました。

商品に関するお問合せ先
お客様相談窓口 
フリーダイヤル 0120−016−024

リリースに関するお問い合わせ先
コーポレートコミュニケーション部 広報・IRグループ
03−3206−5109

UP