日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2013年


食後の血糖値が気になる方の特定保健用食品
◆「食事のおともに食物繊維入り紅茶」新発売 ◆
〜パンやお菓子にも良く合う紅茶風味をラインアップ〜
 
 
2013/01/15

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、「おいしさ・健康・美」の追求をコアコンセプトとし、特定保健用食品シリーズを販売しております。
 2000年の発売以来、大変ご好評をいただいている、食後の血糖値が気になる方向けの特定保健用食品「食事のおともに食物繊維入り緑茶」の追加アイテムとして、近年、人気が高まっている紅茶タイプ「食事のおともに食物繊維入り紅茶」を新発売いたします。

●商品名: 「食事のおともに食物繊維入り紅茶」
●内容量: 6g×30包
●容器: アルミスティック/紙箱
●賞味期限: 1.5年
●発売日: 2013年3月1日(金)
●希望小売価格: 2,205円/個(税込)
●発売地域: 全国

●商品特長
1)食後の血糖値が気になる方の特定保健用食品の粉末紅茶
  【許可表示】本製品は食物繊維として難消化性デキストリンを含んでおります。これは、食事に含まれる糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値の気になりはじめた方に適しています。
  【関与成分】難消化性デキストリン(食物繊維として)1 包当り4.5g 含有
2)パンやお菓子などにも良く合い、毎日続けられる砂糖不使用のすっきりとしたストレートティー風味
3)持ち運びに便利なスティックタイプ。外出先でも手軽に飲むことができます。
4)水、お湯にさっと溶けるので、
ホットでもアイスでもお好みに合わせて飲み分けが可能
5)1 日3 包で、りんご4 個分の食物繊維を補給可能

●開発の背景
 当社は、2000年に血糖値が気になる方の粉末緑茶「食事のおともに食物繊維入り緑茶」を発売し、大変ご好評をいただいています。近年、血糖値対策が必要な方、例えば糖尿病が疑われる者などの割合(※)は確実に増加傾向にあり、以前にも増して食後の血糖値対策のニーズは高まっています。そこで、さまざまな食シーンで手軽においしく食後の血糖値対策(図1)ができるよう、食事に良く合う緑茶風味に加えて、パンや間食時のお菓子などにも良く合い、近年人気の高まっている紅茶風味を新発売いたします。

図1.食後血糖値の推移

健常成人を対象とした経口ブドウ糖75g負荷試験を実施し、120分までの血糖値推移を比較した。その結果、糖負荷検査用糖液群に比べると難消化性デキストリンを合わせて摂取した群では、血糖値は定値で推移し、負荷後30分には有意な低下が認められた。
藤原ら:栄養学雑誌53(6),361,1995

(※)糖尿病が強く疑われる者の割合
平成22年国民健康・栄養調査結果によると、糖尿病が強く疑われる者の割合(30歳以上)は男性17.4%、女性9.6%であり、平成14年の同調査に比べて男女ともに増加しています。さらに、60歳以上の男性においては4人に1人は糖尿病が強く疑われるという結果となっています。

平成22 年国民健康・栄養調査結果より

「糖尿病が強く疑われる者」の判定:ヘモグロビンA1cが6.1%以上、または、質問票で「現在糖尿病の治療を受けている」と答えた者。
お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP