日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2012年


日清オイリオ 生活科学情報ショートレポートbQ0
◆“調味料”に関するこだわり ◆
〜「食用油」は健康へのこだわりが強い〜
 
 
2012/04/11

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村ヘ郎)「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。
 近年、消費の二極化が定着するなか、この5年間で食費全体の支出は減少しているものの、調味料にかける金額は増加傾向にあります。また、2011年11月に生活科学研究グループが実施した調査では、内食についてこだわっている項目として「料理の美味しさ」がほとんどの年代でトップとなりました。
 そこで、今回は料理の美味しさを左右する大きな要素である“調味料”に関するこだわり※1について9種類の調味料で比較をするとともに、食用油へのこだわりに着目して調査を行いました。
※1お金をかけてこだわっていること

■年代とともに高くなる調味料へのこだわり。上位は醤油、食用油、味噌!
 こだわりのある(「こだわっている」+「ややこだわっている」)人が最も多い調味料は、醤油(45%)、次いで食用油・味噌(各42%)となりました。男女年代別では、男女ともに年代が高いほどこだわりのある人が多く、男性よりも女性の方がこだわりのある人が多い傾向に。特に60代女性は全ての調味料でこだわりのある人の割合が最も高くなりました。(資料篇Q1参照)

■調味料のこだわり項目は「味」と「健康性」。特に食用油では「健康性」が圧倒的に高い!
 調味料のこだわり項目については味噌、ソース等最も多くの調味料で「味」がトップとなりました。しかし、食用油、砂糖、マヨネーズでは「健康性」がトップとなり、特に食用油では圧倒的に高い結果に。また、塩については、「産地/製造場所」がトップとなりました。(資料篇Q2・『こだわりが高い項目の調味料間比較』参照)

■食用油へのこだわりは女性が高いが、「味」「ブランド」では男性の方が高い
 食用油のこだわり項目について、男女別に比較すると、ほとんどの項目で女性の方が高く、特に「健康性」「日付」は男女間の差が大きくなりました。ただし、「味」「ブランド」は男性の方が高くなりました。(資料篇 『食用油のこだわり男女別比較』参照)

■食用油の種類によって異なるこだわり項目。ごま油は「味」、サラダ油※2は「健康性」
 ごま油では「風味」にこだわっている人の割合が高く、82%となり、味に関する項目にこだわりが。一方、サラダ油※2では「健康に良いこと」が高く、62%となるなど、健康性に関する項目にこだわりがある人が多く、食用油の種類によってこだわり項目に大きな差がありました。(資料篇Q4参照)

※2サラダ油、キャノーラ油、健康オイルなど、ごま油、オリーブ油以外の食用油

調査概要
 調査方法:インターネット
 調査地域:全国
 調査対象:週に1日以上内食をする20〜60代の男女
 サンプル数:2060サンプル(男女・年代 各206サンプル)
 調査実施日:2012年1月20〜21日
 ◆調査結果詳細は、資料篇をご覧下さい。

ショートレポートNo.20資料篇pdficon.gif

こちらから「食と生活情報レポート」のバックナンバーがご覧頂けます。

レポートに関するお問合せ先  生活科学研究グループ 03(3206)5218

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP