日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2012年


カゴメ・ミツカン・日清オイリオ 共同配送エリアを九州へ拡大
〜環境に配慮・CO2排出量25%削減へ〜
 
 
2012/03/14

 カゴメ株式会社、ミツカングループ(株式会社ミツカン)、日清オイリオグループ株式会社は、1996年10月から「お得意先様への物流品質の向上と環境への配慮」を目的に、東北エリアから実施してきた3社共同配送について、これまでの8エリアに加えて、2012年4月から九州エリアに拡大いたします。共配エリアは全国面積比で約77%となります。

(1)共同配送の目的
1.物流品質の向上・・・3社共同の物流品質管理システムの導入により、納品ミスの極小化を目指すため。
2.環境配慮・・・3社単独配送時よりも、3社共同配送によりCO2排出量を25%削減するため(見込)。

(2)共同配送によるメリット
1.過去に実施してきた3社共同配送のノウハウと取り組み強化により、物流品質の向上を図ります。
2.納品・待機する車両台数が減少することで、環境へ配慮いたします。
3.お得意先様においては、一括検収や一括荷受が可能となり、荷降ろし時間の短縮が可能となります。

(3)開始時期
2012年4月10日(火)納品分より

(4)拡大対象エリア
九州全域

(5)対象商品
3社扱いの常温流通商品

(6)共同配送の仕組み
3社はお得意先様からの受注データをVAN経由で運営会社の情報システムに送信します。運営会社は3社の一元化されたデータを元に、効率的な配送スケジュールを組み、共同の在庫拠点から、共同配送します。

(7)運営会社・共同保管及び出荷拠点
運営会社・・・センコー株式会社 九州主管支店
共同保管及び出荷拠点・・・センコー株式会社 福岡PDセンター(福岡市東区箱崎ふ頭5−1−40)

「カゴメ・ミツカン・日清オイリオ 共同配送エリアを九州へ拡大」PDFpdficon.gif


UP