日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2010年


特別用途食品 腎疾患患者用食品
「レナケアー サトウの低たんぱくごはん」シリーズ新発売
〜佐藤食品工業株式会社との共同開発商品〜
 
 
2010/10/22

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)は、食事制限のある腎臓病患者向け食品として、「レナケアー」シリーズを販売しております。
この度、佐藤食品工業株式会社(社長:佐藤元)との共同開発により、特別用途食品 腎疾患患者用食品「レナケアー サトウの低たんぱくごはん」シリーズを新発売いたします。

●商品仕様
商品名内容量容器入数希望小売価格賞味期限
レナケアー サトウの低たんぱくごはん 1/5180gふた・トレー/プラスチック20個189円(税込)/個6ヵ月
レナケアー サトウの低たんぱくごはん1/25180gふた・トレー/プラスチック20個210円(税込)/個6ヵ月
レナケアー サトウの低たんぱくごはん1/25かるめに一膳155gふた・トレー/プラスチック20個173円(税込)/個6ヵ月

●発売日: 2011年1月5日(水)
●発売地域: 全国
●販 売 ルート: 病院、病院の売店、各種介護施設、介護食取扱いの通信販売等

●開発の背景
 日本の腎疾患患者は増加傾向にあり、平成18年末には透析療法を受ける方が約26万人、平成20年3月厚生労働省の調査によると国民の死因の第8位となっています。中でも、腎機能低下が長期にわたり進行する慢性腎臓病患者は約600万人にものぼり、発症・進展に生活習慣が関わっていると言われています。このような状況の中で、平成19年10月から、腎疾患対策が進められています。
 当社と佐藤食品工業株式会社が、共同開発した特別用途食品 腎疾患患者用食品「レナケアー サトウの低たんぱくごはん」は、おいしさそのままで従来品よりさらに低たんぱく化し、当社のレナケア−シリーズ※で発売する新商品です。

●許可表示
本品はたんぱく質の摂取制限を必要とする腎疾患等の方に適した食品です。

●商品特長

  1. 消費者庁より2010年8月23日に「特別用途食品低たんぱく食品」として、許可取得した商品シリーズです。
  2. おいしさそのままで、これまでの商品より、さらに低たんぱく化しました。
    [100g当たりのたんぱく質]
    従来品: 1/3(0.8g )→ レナケアー サトウの低たんぱくごはん1/5 : (0.5g ) 
    従来品:1/18(0.14g)→ レナケアー サトウの低たんぱくごはん1/25: (0.10g)
  3. 国内産コシヒカリを100%使用しています。

 

※レナケアーシリーズとは?
たんぱく質や塩分、リン、カリウムなどの成分に配慮した
日清オイリオグループ(株)の商品ブランドです。

<br>「レナケアー サトウの低たんぱくごはん」シリーズ
「レナケアー サトウの低たんぱくごはん」シリーズ
お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP