日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2010年


CLA(共役 リノール酸)の肥満予防・改善効果を確認
〜日本人で体重減少効果を証明し、初めて学会で発表〜
 
 
2010/09/10

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)は、CLA(共役リノール酸)による体重減少効果を日本人を対象とした試験で確認し、第57回日本栄養改善学会学術総会(2010年9月10日〜12日 女子栄養大学坂戸キャンパス)で発表いたします。
CLAは、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸の一種で、乳製品などにも微量含まれる成分です。脂肪の分解を活発にする働きがあると言われ、特に、欧米ではサプリメントや健康食品として広く利用されています。
これまで当社は、従来の脂肪酸タイプのCLAよりも風味が改善された食用油タイプのCLAを開発するとともに、CLAの機能について、長年にわたり研究を続けています。また、CLAはサプリメントのみならず加工食品分野において機能性素材として提案しています。

<発表内容>

【背景・概要】
肥満はメタボリックシンドロームに係わる重大な健康障害要因となっています。肥満の改善に対し、近年、CLAが注目されています。本研究では、BMI 23 kg/m2以上の過体重者や肥満者に対するCLA摂取の影響を検討しました。
【方法】 
・平均BMI 26.2 kg/m2の健常成人8名を対象に、二重盲検交差法にて21週間の比較検討

・普段の食事量より、エネルギー摂取量を約260 kcal減じる食事指導を行った上で、4名ずつ2つの試験群に割付け、8粒24 kcalのゼラチンカプセル(大豆・菜種調合油含有;LCT群およびCLA 1.8 g含有;CLA群)をそれぞれ7週間継続摂取、7週間のウオッシュアウト(試験食摂取や食事指導無し)の後、もう一方の試験食を7週間継続摂取

・一日の歩数および早朝空腹時の体重は、試験開始時と期間中、毎日測定、記録

・腹囲は、試験開始時、3、5、7週後の三日間、測定、記録

【結果】
 
LCT群では、体重、腹囲のいずれも経時変化に有意差を認められませんでした(開始時→7週後、体重72.8 kg→72.9 kg、腹囲91.7 cm→91.3 cm)。一方、CLA群では、7週後の体重は試験開始時に比べて有意に低値を示し(開始時75.3 kg→7週後73.7 kg、p < 0.05)(図1)、腹囲は変化する傾向がみられました(開始時94.6 cm→7週後92.0 cm、p = 0.08)(図2)。なお、試験期間中の試験食摂取、食事指導の遵守、歩数に、試験群による有意差はありませんでした。 
【考察】 
この結果から、過体重または肥満の健常成人に対する、食事指導に伴うCLA摂取は、肥満の予防や改善に有効であり、また、海外の報告(CLA 3.4 g摂取)にみられるより低い摂取量で体重減少効果が認められる可能性が示されました。 

◇第57回日本栄養改善学会学術総会 発表概要
主催 特定非営利活動法人 日本栄養改善学会
会期 9月10日(金)〜12日(日)
会場 女子栄養大学 坂戸キャンパス
演題 「健常な過体重者、肥満者におけるCLA摂取の有用性」(発表番号:2-278)
発表日 9月11日(土)
発表者 日清オイリオグループ梶@野坂 直久
共同研究者 日清オイリオグループ梶@鈴木佳恵、佐藤明美、岩田敏夫、青山敏明、
お茶の水女子大学・生活環境教育研究センター 近藤和雄

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP