日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2008年


「中鎖脂肪酸」入りクッキーの摂取は
「中強度の運動をした際に持続時間が延長する」
可能性をヒト試験で確認
 
 
2008/05/07

日清オイリオグループ株式会社(取締役社長:大込一男)は、クッキーを用いた運動愛好者を対象とした研究によって、「中鎖脂肪酸」が「中強度の運動をした際に持続時間が延長する」可能性のあることを確認し、第62回日本栄養・食糧学会にて発表いたしました。
これまで当社は、「中鎖脂肪酸」の機能について、長年にわたり研究を続けております。「中鎖脂肪酸」は、特定保健用食品である健康オイル(※1)やファットスプレッド(※2)に含まれ、「体に脂肪がつきにくい」機能の関与成分として認められています。また、アスリートを対象とした栄養管理を通して、アスリートの「筋肉を太くする」可能性のあることについても確認しております。

    第62回日本栄養・食糧学会大会 発表概要
  • 主催 社団法人 日本栄養・食糧学会
  • 会期 2008年5月2日(金)〜4日(日)
  • 会場 女子栄養大学 
  • 演題 「中強度の自転車エルゴメータ運動における中鎖脂肪酸摂取の影響」(講演番号 2C-17p)
  • 発表者 日清オイリオグループ(株)鈴木 佳恵
  • 共同研究者 日本女子体育大学 田口 素子 准教授
    日清オイリオグループ(株) 野坂 直久、中原 裕子、守屋 ゆみ子、笠井 通雄

<試験内容>
【背景及び目的】
脂質は安静および中強度や持続的運動時のエネルギー源として利用されます。中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸よりエネルギーとして使われ易く、摂取により肝臓や脂肪組織での脂質分解が促進される作用が示唆されており、中強度や持続的運動を行う者が摂取することは有用であることが期待されます。
そこで、中鎖脂肪酸を継続摂取させ、中強度運動を行わせた際のエネルギー代謝、自覚的運動強度(※3)、持続時間を検討しました。

【方法】
21〜28歳の運動愛好者男女10名を対象に、まず自転車エルゴメータにて漸増負荷による最大下運動をさせ、ピーク時の酸素摂取量と負荷量を求めました。次にクロスオーバー法にて試験食(クッキー)の継続摂取・運動負荷試験を実施しました。
対象者を2群に分け、6gの中鎖脂肪酸ないし長鎖脂肪酸を含む試験食(クッキー)の一方を13日間摂取させ、活動時間と食事摂取内容を記録させました。14日目には試験食を摂取させ、摂取1時間後から運動負荷試験を実施しました。
ピーク酸素摂取量(※4)の60%に相当する負荷で40分間運動させたときの血中乳酸濃度(※5)、自覚的運動強度を測定し、引き続きピーク酸素摂取量の80%に相当する負荷で疲労困憊まで運動を継続させ、持続時間を測定しました。2週間の非介入期間を設けて、もう一方の試験食(クッキー)についても同様の試験を繰り返し、2群を比較しました。

【結果】
対象者のピーク酸素摂取量は44.7 ± 4.4 ml/kg/min(平均±標準偏差)でした。試験食(クッキー)摂取期間の活動時間や9〜13日目の食事摂取量については2群間に有意差はありませんでした。ピーク酸素摂取量の60%に相当する負荷で40分間運動させたときの血中乳酸値や自覚的運動強度は明らかに低く(表1)、ピーク酸素摂取量の80%に相当する負荷での運動継続時間が明らかに延長されました。(中鎖脂肪酸入りクッキー:10.2 ± 7.6分、長鎖脂肪酸入りクッキー:5.8 ± 3.3分、危険率5%未満)(図1)

【結論】
中鎖脂肪酸入りクッキーの短期間の継続摂取により、中強度の持続的運動を行う際の持続時間を延長させる可能性があることが示唆されました。

※1 ヘルシーリセッタ
※2 リセッタソフト
※3 自覚的運動強度:運動中の人が主観としての「非常に楽である、かなり楽である、楽である、きつい、ややきつい、かなりきつい、非常にきつい」といった、自覚される運動強度を6〜20の段階に振り分けて表現することで運動強度を数値化する。Borgスケールが有名。
※4 ピーク酸素摂取量:漸増負荷による最大下運動をさせたときの酸素摂取量のうち、もっとも高い数値。
※5 血中乳酸濃度:糖を利用する途中で乳酸は産生され、産生量が筋肉などでの利用量を上回ると、血中乳酸濃度は上昇する。運動中の血中乳酸濃度の上昇は、糖の利用が大きく、身体の負担度が高いことを意味する。

■日本栄養・食糧学会
栄養科学ならびに食糧科学に関する学理および応用の研究についての発表、知識の交換、情報の提供を行う事により、栄養科学、食糧科学の進歩普及を図り、わが国における学術の発展と国民の健康増進に寄与する。(学会HP・学会の目的より)
社団法人 日本栄養・食糧学会は、昭和22年5月2日に設立された学会で、医学、農学、薬学、生活科学などの関連する諸学術領域の研究者が大同連携して、栄養・食糧学の問題を究明・解決するために、情報交換、研究協力などを行ってきました。今日、高齢社会となったわが国の国民は、いわゆる「生活習慣病」に深い関心をよせ、「生活習慣病」の予防に資する食品や食品成分、食生活のあり方について研究の進展と情報の提供を求めています。その一方で、食糧自給率や入手する食品の安全性にも不安を感じています。健康の増進や疾病の予防、克服などの課題について調査研究すること、また、人類の持続的発展を可能とするために、環境問題と並んで食糧問題、エネルギー問題など地球規模の諸問題の解決に役立つ調査研究をすることが期待されています。(学会HP・学会入会案内より)


お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP