日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2008年


日清オイリオ 生活科学情報ショートレポートNo10
エコに関する意識・行動調査
〜 生活者を6タイプに分類 〜
 
 
2008/03/13

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)「生活科学研究グループ」は、社会全般の動向をウォッチし、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしております。
近年、地球環境に対する関心が益々高まっていますが、その意識や行動には属性による個人差がみられます。生活科学研究グループは、エコに関する意識・行動について、600人を対象にインターネット調査を実施し、生活者をそれぞれ特徴のある6タイプに分類し、エコ意識・行動の現状と食との関連について分析を行いました。

【日清オイリオ 生活科学情報(ショートレポートNo.10)概要】
<調査結果>
タイプ1 エコ身近層 <全体の23.5% エコ度60.1点>
属性:主婦、子供有り、世帯年収中の上程度。
意識・行動:エコブームに影響を受けやすく、身近なエコ行動を実施。自宅で料理をよくする。

タイプ2 エコ知識豊富層 <全体の17.2% エコ度56.3点>
属性:世帯年収が高く、大学・大学院卒が多い。
意識・行動:エコ知識が群を抜いて豊富で、エコ行動も平均以上に行う。食知識も豊富。

タイプ3 倹約エコ層 <全体の17.2% エコ度53.1点>
属性:子供無し、世帯年収平均以下。
意識・行動:倹約家で、物の再利用をよく実施。食事メニューは自宅にある食材で選ぶ。

タイプ4 トレンドエコ層 <全体の18.7% エコ度48.7点>
属性:男性が多い。(性別以外に特徴的な属性は特にない)意識・行動:世間のエコ行動に懐疑的、エコ製品の購入のみよく実施。食事にコンビニ利用率高い。

タイプ5 気持ちだけエコ層 <全体の15.3% エコ度45.8点>
属性:未婚、子供無し、親などと同居・単身、給与所得者(営業・販売・接客)が多い。
意識・行動:マナー・モラル意識は強いが、行動は伴わない。料理・片付けをあまりしない。

タイプ6 エコ無関心層 <全体の8.2% エコ度35.4点>
属性:20代、未婚、子供無し、親などと同居・単身が多い。
意識・行動:エコに関して意識も行動する割合も低い。食知識も家事をする頻度も低い。

※エコ度;自己採点した自分のエコ度。満点は100点 

生活科学研究グループのサイトへ                     

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP