日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2007年


腎臓病患者向け レナケアーシリーズ
「 茶わんで牛丼」「茶わんで親子丼」新発売
〜お湯を注ぐだけで簡単調理の丼物の素(フリーズドライ)〜
 
 
2007/06/07

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)のグループ会社である日清サイエンス株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:中島康二)では、食事制限のある腎臓病患者向け食品として、「レナケアー」シリーズを販売しております。このたび、エネルギー、たんぱく質、塩分を調整した「レナケアー 茶わんで牛丼」・「レナケアー 茶わんで親子丼」ミックスセットを発売いたします。

商品名
「レナケアー 茶わんで牛丼」「レナケアー 茶わんで親子丼」ミックスセット

●入数 10食(牛丼5食・親子丼5食)
(販売は各アイテム5食ずつを組み合わせたミックスセットのみになります)

●希望小売価格 1,995円(税込)/10食

●発売日 2007年6月11日(月)

●販売者 日清サイエンス株式会社

●販売先 病院ルート、通販ルートで販売

●賞味期間 1年

●開発経緯
慢性腎不全や透析治療を受けられている腎臓病の方は、たんぱく質や塩分、リン、カリウムなどを制限しながら十分なエネルギーを摂取するという厳しい食事療法が必要となります。日清サイエンスでは、かねてから「おいしく」かつ「手軽に」食事を楽しむことができるように、腎臓病患者向け食品の「レナケアー」シリーズを販売してまいりました。
レナケアーお惣菜シリーズは、これまでレトルト製法によるミートソースやカレーなど7品目を販売し、ご好評をいただいております。
今回はフリーズドライ製法を取り入れ、お湯を注ぐだけででき上がる簡単調理の丼物の素を発売いたします。

日清サイエンス株式会社は、1984年日清ファインケミカル株式会社(旧社名)として設立し、1988年に腎臓病患者向けに「シルキー80」を投入して以来、食事指導を支える健医食品として、主食、惣菜から菓子・デザートまで品揃えしています。
特に、腎臓病患者向け食品は、「レナケアー」シリーズとして約40アイテムを発売し、同分野のトップブランドの一つとして支持されています。
その他、えんげ嚥下障害者向けのトロミ調整食品などを主とした食品の開発・販売を行っています。

●商品特長

  • 1食あたりエネルギー約100kcal、たんぱく質約3g、塩分1g以下に調整してあります。
  • トレーに熱湯(約80cc)を注ぎ、かき混ぜるだけ、約2分で出来上がります。
  • フリーズドライなので軽く、携帯にも便利です。
  • 栄養計算がしやすく、衛生面も安心な1食用のパック包装です。
  • 丼物の定番「牛丼」、「親子丼」2タイプの味を用意いたしました。
    牛丼・・ほどよくとろみをつけたつゆだく仕様
    親子丼・・やわらかい鶏肉をふんわり卵とだし汁でとじた上品な味

●販売目標 1億円 (2007年度「レナケアー」惣菜シリーズ計)

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP