日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2006年


日清オイリオ 生活科学情報レポート
’06少子化時代の食スタイル
 
 
2006/09/14

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)は、「おいしさ・健康・美」の追求をコアコンセプトに事業を展開しております。その一環として日清オイリオ生活科学研究グループでは、社会全般の動向をウォッチし、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて、調査・情報発信をしております。

昨今の顕著な動向として少子化の進行があげられます。2005年度の合計特殊出生率が1.25と過去最低を更新しました。主因として初婚年齢の上昇や結婚から出産までの期間の長期化が指摘されています。その背景には「家族・子どもを持つ」ことに対する「自分のスタイル」へのこだわりがあると推察されます。
そこで、“食”についても同様のことが言えるのではないかと考え、全国の20〜40代の女性、600サンプルを対象にインターネット調査により、『食スタイル』に対する願望と実現度を検証しました。本レポートでは、その調査から得られた4つの家族形態別『食スタイル』の特徴を報告いたします。

「’06少子化時代の食スタイル」内容

  • 家族形態別『したいと思う』食スタイルマップ
  • 食の健康・安全性に関するスタイル
  • 食を積極的に楽しむスタイル
  • 食に対するコストや手間へのスタイル
  • 食の情報に対するスタイル 他

’06少子化時代の食スタイルレポートはこちらへ


レポートに関するお問合せ先
日清オイリオグループ株式会社 生活科学研究グループ
〒104-8285 東京都中央区新川1−23−1
電話03(3206)5218

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP