日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2006年


日清サイエンス「レナケアーカルニチンゼリー」の摂取で
糖尿病性腎症の透析患者の貧血改善を示唆
〜日本透析医学会にて発表〜
 
 
2006/06/14

日清オイリオグループ株式会社(取締役社長:大込一男)とグループ会社の日清サイエンス株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:中島康二)は、公立松任石川中央病院(石川県白山市、病院長:長野賢一)との共同研究で、日清サイエンスの健康食品「レナケアーカルニチンゼリー」の摂取が、糖尿病性腎症透析患者の貧血を改善する可能性を有することをヒト試験にて確認いたしました。この詳細を6月23日から開催される第51回日本透析医学会学術集会・総会にて発表いたします。

  • 発表
    第51回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会
    主催:(社) 日本透析医学会
    会期:6月23日〜25日
    会場:パシフィコ横浜
  • タイトル
    「糖尿病性腎症透析症例におけるL-カルニチン含有ゼリーの貧血改善効果について」(講演番号O-249)
  • 発 表 者
    公立松任石川中央病院 羽場 登紀子 管理栄養士
  • 共同研究者
    公立松任石川中央病院    高澤 和也  内科部長
    同        木谷 泰子  栄養管理室副技師長
    同        辻 陽子   副看護士長
    同        中江 邦子  看護士長
    同        高枝 知香子 内科医長
    同        河合 昂三  名誉病院長
    日清オイリオグループ(株) 小島 圭一、笠井 通雄
  • 発表内容
    【背景・概要】
    カルニチンは私たちの体内で、エネルギーのもととなる脂肪酸の燃焼に重要な役割を果たしています。カルニチンは肉類等の食品に含まれ経口摂取されるとともに、健常人では肝臓および腎臓でも合成されます。一方、カルニチンは透析中に除去されやすく、さらに腎臓での合成障害や食事制限による摂取量の減少によって、透析患者では不足しやすい傾向にあります。 カルニチンが不足すると、慢性疲労、筋肉痛、筋肉痙攣、さらには貧血が起こりやすくなります。血液透析患者の間では、薬剤投与でも改善しない治療抵抗性貧血が深刻な問題となっています。この貧血の診断のため、ヘマトクリット(Ht)値や網状赤血球数の測定が実施されています。
    【目的】
    カルニチンを含んだ健康食品「レナケアーカルニチンゼリー」を摂取することで、透析患者の貧血が改善することを確認すること。
    【方法】
    実験の意義及び内容を十分説明し、同意の得られた糖尿病性腎症透析患者を対象としました。1日に2個のカルニチンゼリー(1個あたり500mgのL-カルニチンを含む)を毎日、同患者に6ヶ月継続摂取してもらう試験を実施しました。試験開始時、3ヶ月後、6ヶ月後に採血して血液中の貧血に関する指標を測定しました。
    【結果】
    Ht値35%以下の7例では、3ヵ月後のHt値が開始時に対して有意に改善し、6ヶ月後でもその傾向は持続しました。(グラフ1)
    網状赤血球も3ヵ月後に有意に改善しました。(グラフ2)
    【まとめ】
    カルニチンを含有するゼリーの摂取により、糖尿病性腎症の透析患者においても、貧血が改善する可能性が示されました。
<br>グラフ1
グラフ1
<br>グラフ2
グラフ2
お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP