日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2006年


健康オイル「ヘルシーリセッタ」の摂取が「エネルギーになりやすい」ことをヒト試験で初めて確認
〜日本栄養・食糧学会大会にて発表〜
 
 
2006/05/10

日清オイリオグループ株式会社(社長:大込一男)は、弊社の開発した健康オイル「ヘルシーリセッタ」の摂取が、エネルギーになりやすい作用のあることを初めてヒト試験にて確認しました。この詳細を5月19日から開催される第60回日本栄養・食糧学会大会にて発表いたします。

日清オイリオグループは、「中鎖脂肪酸」の機能について長年にわたり研究を続けております。「中鎖脂肪酸」はエネルギーになりやすく、その結果「体に脂肪がつきにくい」特長が知られております。この特長を活かし、体に脂肪がつきにくい健康オイルやファットスプレッド、さらには未熟児、高齢者のエネルギー補給に利用されております。

この度、ヒトによる試験を行い、中鎖脂肪酸を含んだ健康オイル「ヘルシーリセッタ」を摂取することが、有意にエネルギー消費量を高めることを確認いたしました。

<発  表>
第60回日本栄養・食糧学会大会
主催:(社) 日本栄養・食糧学会
会期:5月19日〜21日
会場:静岡県立大学

<タイトル> 
「中長鎖脂肪酸油摂取による食事誘発性体熱産生亢進作用 〜ヒューマンカロリメータによる検討〜」(講演番号2B−12a)

<発 表 者>  
筑波大学 山内 有 先生

<共同研究者> 
筑波大学 徳山 薫平 助教授/仙台大学 佐藤 真樹 助手/日清オイリオグループ(株) 野坂 直久、笠井 通雄

<発表内容>
【背景・概要】
食事誘発性体熱産生とは、食事摂取・消化・吸収に伴い消費されるエネルギーで、一日のエネルギー消費の10〜15%を占めるとされており、近年注目されています。日本人の食生活の変化によって、動物性脂肪に多く含まれる長鎖飽和脂肪酸の摂取量は増えています。長鎖飽和脂肪酸の摂取は、食事誘発性体熱産生を低下させ肥満を誘発する要因となるから、この食事誘発性体熱産生を高めることは、肥満の予防に重要であると考えられています。
中鎖脂肪酸は、母乳やパーム油などに含まれる脂肪酸の一種で、体に脂肪がつきにくいなどの特長があり、弊社商品「ヘルシーリセッタ」はこの中鎖脂肪酸を配合しております。中鎖脂肪酸はエネルギーとして分解されやすいことから、弊社ではスポーツ振興に向けた取り組みの一環として、「ヘルシーリセッタ」と食事誘発性体熱産生についての研究をしてまいりました。今回、ヒトを対象に、ヘルシーリセッタの摂取が食事誘発性体熱産生に対する影響についてヒューマンカロリメータを用いて試験を行いました。

【方法】
実験の意義及び内容を十分説明し、同意の得られた20代男女を対象としました。被験者には前日19時に規定の夕食を摂取させ、ヒューマンカロリメータに宿泊(23時就寝、6時起床)させました。起床後は安静を保ち、7時に試験油脂(ヘルシーリセッタないしは調合サラダ油)を含む食品(試験食もしくは対照食:1食あたり500kcal)を摂取させました。摂取後6時間までヒューマンカロリメータ内で安静を保たせ、酸素消費量と二酸化炭素排出量を算出しました。

【結果】
酸素消費や二酸化炭素排出量から算出されるエネルギー消費の累積値では摂取後30分以内から有意差が認められ、試験食摂取群において6時間後まで有意にエネルギー消費量の累積値の高いことが確認されました。(図1)

【まとめ】
中鎖脂肪酸を含む「ヘルシーリセッタ」の摂取は、日常摂取している調合サラダ油と比較して、エネルギー消費を高める作用のあることが示されました。このことは、「ヘルシーリセッタ」の摂取による、体に脂肪がつきにくい作用のメカニズムの一つが、エネルギー消費を高める作用であることを示唆しております。

以上


<br><center>図1 試験食、対照食摂取によるエネルギー消費の累積値の推移</center>
図1 試験食、対照食摂取によるエネルギー消費の累積値の推移
お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP