日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2003年


食品の新しい機能評価方法の開発
【脳の血流量の変化と食味の相関関係を検証】
農林水産省補助金事業テーマとして採択
 
 
2003/06/02

日清オイリオ株式会社(社長:秋谷淨惠)では、食品のおいしさや食感を客観的に測定する研究に取り組んでおり、これまでにも、食品の破砕音の音響分析によるフライ食品のサクミ度評価などで実績をあげております。この度、農林水産省が公募した「ブランド・ニッポン」加工食品供給促進技術開発事業において、弊社の「人の摂食行動時の中枢神経活動による国産果物の機能評価技術」が補助金事業テーマとして採択されましたので、お知らせいたします。

開発テーマ概要
人が食べ物を摂取した時に生じる「中枢神経活動の変化」を、脳血流の量を測定し、その変化により評価する方法を開発いたします。果物(温州みかん)を食べたことで脳活動へどのような影響や効果が表れるかを検証すると同時に、果物を食べたことで、「あっさり」「さっぱり」といった食感覚と、脳血流量にどのような相関関係があるかを検証します。この評価方法を、国産果物である「温州みかん」に適用することで、温州みかんの食味の特長を立証したいと考えております。
開発テーマのねらい
  1. 食品の新しい機能評価方法の開発
    人が食品を摂取した際に生じる「中枢神経活動(脳活動)の変化」を脳の血流量により評価する方法の開発
  2. 果物の新しい効果の立証
    開発した評価法を、代表的国産果物である「温州みかん」に適用することにより、温州みかんの摂食による「脳血流量影響効果」を立証。つまり、「あっさり/さっぱり/すっきり」といった食感覚は、気分状態に換言すると「興奮⇔沈静」や「快⇔不快」という形で表現できることから、この技術開発により、食感覚を脳活動(脳血流量)の変化で捕捉することを目指す。
  3. 日本の農業政策への貢献
    海外産柑橘系果物に対する温州みかんの優位性を立証し、「ブランド日本」食品の育成に貢献。
技術の応用
今回補助金事業として採択された、脳活動の変化による食味評価技術の開発により、食品の本来の美味しさや栄養機能以外の新しい効果、例えばリラックス効果やリフレッシュ効果などの効果を評価することも可能となり、様々な食品の特長や優位性の客観的な立証にも応用できるものと考えております。

お問合せ 広報・IR部 電話:03-3206-5109
UP