日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2002年


食品メーカー3社
共同配送エリアを滋賀県へ拡大
 
 
2002/10/25

 カゴメ株式会社、ミツカングループ(株式会社ミツカン・株式会社ナカノス)、日清オイリオ株式会社は、2002年11月から、従来実施していた東北・中四国・甲信越・北陸地区に加え滋賀県で共同配送を実施いたします。三社による共同配送は、お得意先様への物流品質の向上と社会環境への配慮を目的とするものです。

■趣旨
物流品質の向上、車両台数の削減による社会環境への配慮など


■開始時期
2002年 11月 6日(水)納品分


■拡大対象エリア
滋賀県


■出荷拠点所在地
カゴメ:大阪府茨木市
ミツカングループ:大阪府枚方市
日清オイリオ:大阪府堺市


■対象商品
三社扱いの常温流通商品


■運営会社
株式会社合通


■仕組み
三社はお得意先様からの受注データをVAN経由で運営会社のホストコンピューターに送信します。運営会社は三社の一元化されたデータを元に効率的な配送スケジュールを組み、クロスドッキング方式にて商品を共同配送します。


■共同配送クロスドッキングデポの所在地
滋賀県甲賀郡甲西町
※クロスドッキング方式とは・・各メーカーからの商品が、在庫を持たない中間拠点で荷合わせ(クロスドッキング)され、各お得意先様に配送する方式


■共同配送のメリット
物量がまとまることにより、専用便での配送が可能となり、納品精度の向上が図れます。
お得意先様としましては、一括検収や一括荷受が可能となり、荷降ろし時間の短縮が可能になります。
三社が同一車両での積み合わせ配送を実施することにより、車両台数が減少することで、交通混雑や環境汚染など社会環境への配慮が可能になります。


 

本件のお問合せ先

カゴメ株式会社
広報部広報グループ
村松・浦田
03‐5623‐8503

株式会社ミツカングループ本社
広報室
山本・高桐
03‐3555‐2606

日清オイリオグループ株式会社
広報・IR部
星野・鞍橋
03‐3206‐5109


UP