日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2002年


日清製油グループ初の特定保健用食品
『食事のおともに食物繊維入り緑茶』
始めやすい価格の6包入りが新発売
〜血糖値が気になりはじめた方に〜
 
 
2002/02/01

日清製油株式会社(社長:秋谷淨恵)はこの度、日清製油グループである日清サイエンス株式会社(代表取締役:堺宗雄)から、気軽にお買い求め頂ける価格の、『食事のおともに食物繊維入り緑茶(6包入り)』を発売しますので、ご案内致します。 1999年12月に発売した『食事のおともに食物繊維入り緑茶(14包入り、60包入り)』は、血糖値の気になりはじめた方が、普段の食生活を変えずに、生活習慣の改善を「気軽に」始められ、「長続き」できることを目指した、親しみやすい緑茶です。 この製品は、外出先でも手軽に飲用できるように、アルミスティック入り粉末となっており、場所や時間を選ばず、気軽にさっとお湯や水に溶かして飲用できます。


●商品仕様
商品名 食事のおともに
食物繊維入り緑茶
6g×6包
(今回新発売)
6g×14包
(99年12月発売)
6g×60包
(99年12月発売)
包装形態 内袋:アルミスティック
プラフィルム袋 紙化粧箱
入数 5×6 20 10
内容量 36g 84g 360g
希望小売価格 530円 1,100円 3,900円
販売者 日清製油グループ 日清サイエンス株式会社※

●発売日:2002年3月1日(金)より

●発売地域:全国

●商品の特長
 1. 「血糖値が気になる方のための食品」として開発し、99年5月に特定保健用食品許可を取得した商品です。
2. 保健の用途に関与する成分として、でんぷんからとった難消化性デキストリン4.5gを含みます。難消化性デキストリンは、食事とともに摂取すると、食事に含まれる糖の吸収を穏やかにし、血糖値の急激な上昇を抑えます。
3. 親しみやすい緑茶と組合せる事により、手軽に生活習慣の改善に取組めるようにしました。
4. 携帯に便利なアルミスティック包装で、溶けやすい粉末の緑茶です。

●開発の背景
高齢化が進み、生活習慣病対策への意識が浸透している現代において、日清製油グループでは、腎臓病患者向け食品や嚥下補助食品などの治療食品をはじめとする、「食と医の中間領域」に、かねてより取組んできました。
『食事のおともに食物繊維入り緑茶(14包入り、60包入り)』は、1999年12月に日清サイエンス株式会社から発売し、当初は通信販売、有名ドラッグストア、調剤薬局を中心に販売を行ってまいりましたが、売れ行きが非常に好調だったことから、2001年7月より、販路を日清製油の取引先である、量販店やスーパーマーケット等にも拡大致しました。
この度の新製品『食事のおともに食物繊維入り緑茶(6包入り)』により、さらなる販路の拡大を目指し、お客様には店頭POP等で「お買い求めやすさ」、「はじめやすさ」をPRしてまいります。

●販売目標:7億円 (2002年度 シリーズ目標)

※日清サイエンス株式会社
日清サイエンス株式会社は、1984年日清ファインケミカル株式会社(旧社名)として設立、1988年に腎臓病患者向けに『シルキー80』を投入して以来、食事指導を支える治療食品として、佐藤食品工業株式会社と共同で開発を行った「スーパーひかり1/8」など、他メーカーとの共同開発商品を含む腎臓病用食品を次々と発売してまいりました。現在では、主食からデザートまでラインアップを揃え、同分野のトップブランドの一つとして支持されています。その他、嚥下障害者向けの増粘補助食品『トロミアップA』などを主とした治療食品の開発・販売を行っており、治療食品は主食から間食まで40を超えるアイテムを、主に病院ルート、通販ルートで販売しています。


UP