日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2002年


嚥下(えんげ)補助食品※1トップシェアの日清製油グループから
「トロミアップV」新発売
飲み込みの難しい方が失いやすい「食べる楽しみ」を守ります。
 
 
2002/02/01

日清製油株式会社(社長:秋谷淨恵)はこの度、飲み込みの難しい方=嚥下障害のある方が飲み込みやすいように、水分を含んだ食べ物や飲み物に混ぜるだけで、「手軽に」トロミをつけることができる「トロミアップV」を新発売致しますので、ご案内致します。
当製品は既に病院・老人施設等で、「大きな信頼」と「確かな実績」を得ている「トロミアップAシリーズ」の量販店向け商品です。


商品名トロミアップV 25本入り
商品仕様内容量 75g(3g×25本)
容器 アルミスティック
入数 3×6
発売日2002年3月15日(金)より
価格660円
販売先総合スーパー及びドラッグストア店頭から開始し、順次拡大予定
商品の特長
  1. 水・牛乳・ジュース類・お茶などの飲み物に混ぜるだけで、手軽にトロミをつける事ができます。
  2. 冷たい物から温かい物まで適度なトロミがつけられ、また食品の味を損ないません。
  3. 少量でトロミがつき、加える量の調節によってトロミの調整が簡単にできます。
  4. 少量の利用にも対応できる、手頃なサイズのスティック包装です。
開発の背景 食物の飲み込みが難しくなると、「誤嚥(食物が誤って気管に入る事)」が起こりやすくなり、肺炎や窒息の危険を生じさせる他、「食べる楽しみ」を逓減させ、さらに食欲低下に伴う脱水症状や低栄養状態により、「体力の低下」等を引き起こします。 「食と医の中間領域」に、かねてより取組んでいる日清製油グループでは、既に日清サイエンス(株)※2から、嚥下補助食品「トロミアップAシリーズ」を発売しており、病院・老人施設等で、「大きな信頼」と「確かな実績」を得ております。また、嚥下障害に対する研究も同時に進めており、2000年6月には「嚥下障害対応食品の物性評価の新しい測定方法」を開発し、日本家政学会で発表を行いました。 食物を飲み込む能力は、加齢に伴う舌や喉などの筋力の低下、咀嚼機能の低下等に伴い、次第に衰えていきます。高齢化社会への急速な移行の中で、飲み込みが難しくなる方は、さらに増加することが予想されます。この度の「トロミアップV」は、ご家庭で生活している、このような方々の食事を調理する際に、「手軽に」トロミがつけられる嚥下補助食品です。
販売目標1億円(2002年度目標)
  ※1 嚥下補助食品
食物をうまく飲み込むことが難しい方=嚥下障害のある方の飲み込みをやさしくするために、嚥下補助食品は飲み物にトロミをつける時や、食べ物をミキサー等にかけてムース状などにする時に利用され、食物にまとまりをつけ、なめらかな飲み込みが得られるように調整します。
日清製油グループは、この市場においておよそ30%を占めるトップシェアを誇っています。

※2 日清サイエンス株式会社
日清サイエンス株式会社は、1984年日清ファインケミカル株式会社(旧社名)として設立。『トロミアップAシリーズ』に代表される嚥下障害者向け食品や、『レナケアーシリーズ』を始めとする腎臓病患者向け治療食品などの開発・販売を行っており、主食から間食まで40を超えるアイテムを、主に病院・施設ルートや通信販売で販売しています。
商品画像

UP