日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2002年


腎臓病患者の強い味方 「レナケアー」シリーズ
MCT入りミニゼリー新発売 〜ひとくちサイズでエネルギー補給〜
 
 
2002/06/26

日清製油株式会社(社長:秋谷淨惠)のグループ会社である日清サイエンス株式会社(代表取締役:
堺宗雄)では、MCT入りフルーツ味のミニカップゼリー「レナケアーMCT入りミニゼリー」を発売いたしました。
MCT入りミニゼリーは、消化吸収に優れたMCT=中鎖脂肪酸トリグリセライドを含有、1個あたりのエネルギーを50kcalに調整し、たんぱく質はゼロ、リン、カリウムを抑えたミニカップ入りゼリーで、デザートとして、またエネルギー補給としてお手軽に美味しくお召し上がりいただけます。



 
商 品 名 レナケアーMCT入りミニゼリー
荷 姿 750g(25g×30個。オレンジ・グレープ・ピーチの3種)
参考小売価格 1450円(税別)
発売日 2002年6月6日(木)より
販 売 先 病院ルート、通販ルート
賞味期限 製造日より1年
商品特長
  • 1個あたりエネルギー50kcal、たんぱく質はゼロに調整。リン・カリウムも抑えています。
  • 消化吸収に優れたMCT(中鎖脂肪酸トリグリセライド)を含有しています。
  • 不足しがちな食物繊維とオリゴ糖を含んでいます。
  • 果汁入りで、砂糖は一切使用していません。
  • 甘味ひかえめのオレンジ、グレープ、ピーチの3種類の味が楽しめます。
販売目標 2004年度にシリーズ全品の売上1億円
開発経緯 腎臓病患者の方の食事は、たんぱく質や塩分、リン、カリウムなどの成分を制限するのと同時に、エネルギーは多く摂取しなければならないため、栄養成分や味などの食生活で大きく制限を受けております。そこで、こうした食事制限のある方の食生活の向上を目指し、主食や惣菜、デザートなどをおいしく、手軽に、そして安心して楽しんでいただけるような食品の開発を進めてまいりました。
日清製油が販売する家庭用食用油「日清ダイエット」にも使用されているMCT※(中鎖脂肪酸トリグリセライド)の「消化・吸収が良い」「エネルギー化が早い」という特長を生かし、たんぱく質がゼロ、リン・カリウムを抑え、しかも食物繊維やオリゴ糖を含んだヘルシーなゼリーです。腎臓病患者の方のエネルギー補給用のおやつとして、おいしく手軽に召し上がっていただけます。
※MCTは、ココナッツやパームフルーツ、母乳などにも少量含まれている、カラダに優しい天然成分です。
商品に関する
問い合わせ先
 
 電話 03-3206-5109
参 考 【日清サイエンス株式会社】
日清サイエンス株式会社は、1984年日清ファインケミカル株式会社(旧社名)として設立,1988年に腎臓病患者向けに『シルキー80』を投入して以来、食事指導を支える治療食品として、主食、惣菜から菓子・デザートに至るまでラインアップを揃え、同分野のトップブランドの一つとして支持されています。特に、佐藤食品工業株式会社と共同で開発を行った「スーパーひかり1/8」など、他メーカーとの共同開発商品を含む食品を次々と発売し、腎臓病患者向け食品「レナケアーシリーズ」は、約40アイテムにのぼります。その他、嚥下障害者向けの増粘補助食品『トロミアップA』などを主とした治療食品の開発・販売を行っており、治療食品は、主食から間食まで約60アイテムを、主に病院ルート、通販ルートで販売しています。

【腎臓病データ】
腎臓病透析患者数 206,434人(2000年末現在。1990年の約2倍に相当。)
糖尿病の合併症の一つである糖尿病性腎症の増加が患者数増大の底上げをしており、
昨年新たに透析に入った患者数のうち、36%を占めています。
腎臓病患者向け食品は、慢性腎不全患者や透析導入者などの低たんぱく質、低塩分、低リン、低カリウムの成分摂取制限を受けている方でも安心して召し上がれる食品です。
■たんぱく質摂取量
《健常者》70〜80g/日《食事指導(腎臓病)患者》20〜40g/日


《《《 商品写真 》》》



UP