日清オイリオHOME > 企業・IR・採用 > 会社案内 > 会社沿革

100年をつくってきたチカラ。100年をつくっていくチカラ。

食の多様化がすすみ、サラダ油容器のバリエーションが増え、健康を意識したべに花油も発売された。
広告にも、健康美に溢れた女性アスリートが登場。

1962(昭和37)年

東浜油脂株式会社の名古屋工場竣工
三菱印の食用油を販売

1963(昭和38)年

「横浜磯子工場(現・横浜磯子事業場)」の第一期工事を完了し、操業を開始
横浜工場の名称を「横浜神奈川工場」と改めた

1966(昭和41)年

横浜磯子工場の第二期工事が完了し、操業を開始
原料サイロの増設、圧搾抽出工場および精製第2工場、ウィンター設備、その他、付帯設備の増強を実施
家庭用園芸市場に参入
東浜油脂株式会社の社名を「リノール油脂株式会社」と改めた

1967(昭和42)年

繊維状大豆たん白「ソイミー」の製造に成功

1968(昭和43)年

日本興油工業株式会社の社名を「日本興油株式会社」と改めた

1969(昭和44)年

日清製油株式会社がリノール油脂株式会社の経営に参加
販売促進事業を目的とした子会社を設立

1970(昭和45)年

中鎖脂肪酸のグリセリンエステル「O.D.O」を発売

1971(昭和46)年

物流の効率化と周辺事業の拡大のため、流通加工の分野に参入
横浜神奈川工場の跡地を活用した、スポーツ事業および外食産業へ参入するための子会社を設立

1972(昭和47)年

日本興油株式会社が沖縄製油株式会社に資本参加
ドレッシング「日清サラドレ」を発売
イソオクチル酸のグリセリンエステル「TIO」を発売

1973(昭和48)年

ファインケミカル事業に本格参入

1975(昭和50)年

業界にさきがけて、丸缶容器の「日清サラダ油・日清天ぷら油」、ラミコンボトルの「日清サラダ油1500gポリ」を発売

1925年〜1959年 1980年〜1999年